広島市西区でひび割れや黒い汚れがある外壁の塗装リフォーム工事を行いました

工事情報

工事内容:屋根・外壁塗装工事
使用材料:ミラクシーラーエコ、プレミアムシリコン他
築年数:36年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

広島市西区でひび割れや黒い汚れが目立ってきていた為外壁の塗装リフォームと、

屋根の上にも塗装の剥がれなどがあったことから屋根の塗装工事を行いました。

外壁の中でも重要なポイントは「」です。

外壁を塗り直す際に折角だからと、

お住まいのイメージを変えようと色替えする方も多くいらっしゃいます。

実は色はお住いの美観を保つ上で重要な要素の一つとなってきます。

例えば、原色に近い赤や青は色あせが目立ちやすく、

落ち着いたクリーム色は色あせが目立ちにくいです。

 

外壁の塗り替え目安は、約10年前後。

 

より美観を長く保てる塗装をしていきましょう。

今回は外壁塗装の工事の様子をご紹介します。

 

まずは、外壁の洗浄作業からスタートです。

外壁にはカビや苔、錆などの汚れから目には見えないほど小さな埃や砂、ごみが付着しています。

また、外壁が劣化した場合の現象の一つとして「チョーキング現象」があります。

塗膜が劣化し粉化してしまうこの現象は、塗装工事をしていく中で要注意するポイントの1つです。

粉が外壁に付着しているまま塗装をしても、塗膜に粘着力は無い為すぐに塗料が剥がれてしまいます。

高圧洗浄機を使うことで、これらの汚れを一気に落とし、塗料が剥がれにくい外壁を作るのです。

外壁の洗浄が完了しましたら、木部のケレン掛けを行います。

木部は湿気など水分を吸い込みやすく、苔やカビが繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

また、塗装が劣化した場合、高圧洗浄機では木部自体を傷つけてしまう可能性がある為、

専用のブラシ等を用いて手作業で落としていきます。

外壁全体の掃除が終わりましたら、ひび割れなどの劣化を補修してきます。

ひび割れは細く薄いものであれば、塗料のみで塞ぐことが可能ですが、

塗料で塞ぎきれない太さになりますと、シーリング材を注入する必要があります。

ひび割れは放置しておくと、範囲が広がっていき内部に雨水が侵入する可能性があります。

塗装前にしっかりと補修して雨水やゴミが入らないようにしましょう。

木部塗装に入ります。木部の塗装は、他の場所と同じ3回塗りが基本となります。

しかし、木部のは場所によって劣化する速度が極端に異なる場合があります。

その場所とは劣化の原因となる太陽に当たりやすいか当たりにくいか、です。

傷みやすい場所にある木部は、耐久性を高める必要があるため塗装の回数を多く、

一方で日陰の傷みにくい場所にあれば回数を減らす等といった調整を行います。

臨機応変に対応する知識と経験が豊富な職人だからこそできる塗装工程になります。

木部の塗装が完了しましたら、外壁の塗装へと移ります。

外壁の塗装も下塗り・中塗り・上塗りの計3回となります。

今回下塗りには「ミラクシーラーエコ」を使用しました。

下塗りの効果は主に2つあります。

1つは外壁材とメインの塗料の密着性を上げることです。

塗料の付きをよくすることで、塗装が剥がれにくく外壁の耐久性が上がります。

2つ目は、塗料の外壁材への染み込みを防ぐことです。

メインの塗料は外部からの刺激(雨や紫外線)等から守る力が優れていますが、

外壁材自体と相性がいい、という訳ではありません。

塗料の気泡も起こりやすく塗りムラが発生しやすくなり、美観が損なわれてしまいます。

耐久性も低下する等の不具合も起こる為、事前の下塗りは重要な工程なんです。

下塗りに使用した塗料が完全に乾きましたら、中塗り・上塗りに移ります。

中塗り・上塗りは同じ塗料を使用します。

同じ塗料を重ね塗りすることで、耐久性を上げ塗料の持つ効果を向上・持続させます。

今回は「プレミアムシリコン」を使用しました。

プレミアムシリコンは、外壁の劣化原因である紫外線・酸素・水に着目し、

長期間ガードできる効果があります。長期間、綺麗な外壁を保つことができる塗料となっています。

最後に塗りムラや塗り残しなどがないかしっかりと確認し、工事完了となります。

 

外壁の塗装は放置しておくと、

どんどん劣化していき雨水の侵入を防ぐことができなくなります。

お住まいを長く安全に保つために、外壁の塗装は必要不可欠なのです。

まずは、お住まいの外壁を見て傷みや劣化のサインがないが確認してみましょう。

今できることはたくさんあります。

いざという時に、ああ、やっといて良かった、と思えるように普段からしておきたいですね。

 

静岡県の伊豆半島では、「河津桜」が開花したそうです。

午後の気温も暖かくなり、春も近づいてきてますね。

春といえば新生活の季節です。

進学や就職などご家族や親戚がバタバタと忙しくなりますね。

体調を崩しやすい季節でもありますので、気を付けておきたいですね。