広島県広島市佐伯区で塗装が剥がれ、苔が生えた屋根の塗装リフォーム工事を行いました。

 

工事情報

工事内容:屋根塗装(カラーベスト)工事
築年数:25年前後

 

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

屋根の軒先に苔が生え、塗装も色褪せていた為、

屋根の塗装工事を行いました。

カラーベスト・コロニアルは、現在最も使用されている屋根材で

対候性・耐久性が高く、軽量であることが特徴です。

耐用年数は20年程度で経年劣化や雨漏りが原因の塗り替え依頼が多く、

傷みの症状として色あせや苔・カビの発生が挙げられます。

今回は、カラーベスト屋根の塗り替え工事をご紹介します。

 

まず、苔やカビなどを落とすケレン掛けから行っていきます。

このような汚れは高圧洗浄機では除去しきれないので

研磨たわしやワイヤーブラシなど専用の道具を使って綺麗にします。

塗装面に劣化した古い塗膜が残っていると

屋根を塗り替えた後に数年で塗装が剥がれたり、色ムラなどの不具合が生じてしまいますが、

ケレン掛けを丁寧に行う事で塗装工事で生じる施工不良による傷みの約50%は回避できます。

提示された工程表に下地処理の内容がきちんと記載されているか確認しておきましょう。

苔を除去した後は高圧洗浄機による洗浄作業です。

屋根の表面に付着しているホコリ・古い塗膜を落とす為に

高圧洗浄機の水圧で汚れを押し流します。

洗浄後はしっかりと屋根を乾燥させて塗り替え作業に支障がないようにしなければなりません。

洗浄後は屋根の劣化症状に応じて補修を行います。

今回は笠木板金の釘が浮いていたのでビスを打ち込みなおします。

ビスを打ち込んだ際は漏水しない様、シリコン系シーリング材を充填します。

「シーリング材」とは空気や水が入らないように目地や外壁や窓枠等の隙間に

塗りこむ材料で雨漏りの処置にも使用します。

下地処理を済ませたら屋根の種類に合わせた下塗り材を塗っていきます。

今回は「パワーシーラー」を使用しました。

屋根の表面に艶が出るまでローラーや刷毛を使って丁寧に塗装します。

この塗料は外壁材や屋根材の塗装面に一番最初に塗るもので

次に塗布する中塗り・上塗り塗料と塗装断面の密着性を高める役割を果たします。

下塗り塗料が乾いたら「ナノシリコン」を中塗り・上塗り材として塗装します。

屋根材の美観はこの作業で決まるのでとても重要な作業なので

色ムラが出ないように塗る時の幅や高さを一定にして繰り返し塗布していきます。

重ね塗りをすることで塗料の強度が増し、屋根の耐久性が高くなります。

カッターナイフで屋根材の間に2~3㎜の隙間を作ります。

屋根塗装をすると重なり合った部分の隙間が塗料で埋まり、

雨水などの水分が内部に溜まってしまうと

外側の水もどんどん吸い寄せられるという「毛細管現象」が誘発される可能性が高くなります。

水分が下地まで侵入すると屋根裏の腐食や雨漏りに繋がる為、

事前にナイフやカッターで切り込みを入れて被害を防ぎます。

色ムラや塗り残しなどの最終チェックが終わったら工事完了となります。

 

塗装すべきか、

または葺き替えるべきかなど屋根リフォームにはいろいろ悩みが尽きませんよね。

悠長に悩んでいる間にも傷みの症状はどんどん広がります。

修理を後回しにすればするほど工事の規模が大きくなり、より費用が掛かってしまうこともあるので

苔の発生や塗装の剥がれなど少しでも気になる点があれば専門家に相談しましょう。

 

探査機「はやぶさ2」が小惑星に着陸したそうです。

まだサンプル採取などの任務は残っていますが、

無事に帰還してほしいですね。