広島県広島市安佐北区でひび割れた外壁の補修・塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外部補修及び部分塗装工事
使用材料:ミラクシーラーエコ、プレミアムシリコン他
築年数:34年前後

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

お住まいの壁全体にひび割れ、シミなどの汚れが付着していた為、

外壁の補修・塗装工事を行いました。

 

外壁の色はお住まいの雰囲気を大きく左右します。

汚れていたり、ひび割れがある家だと古びて見えますよね。

実は、壁の劣化症状には段階があります。

最初は色つやが無くなり、変色が始まります。

症状が進むと塗装そのものがひび割れ、

隙間から雨水が内部に侵入しカビや苔が発生してきます。

上記のような傷みを放置すると

剥離(塗装の剥がれ)が始まり、下地素材がむき出しになってしまいます。

小さな汚れや傷だからと言って見て見ぬふりをせず、専門の業者に調査を依頼しましょう。

今回は外壁の補修と塗り替え工事の様子をご紹介します。

 

まず、足場と保護シートを設置し、高圧洗浄作業に入ります。

高圧力の水で一気に雨だれや苔、古い塗料などの汚れを落とし、塗装しやすい壁の状態を作ります。

このような作業をきちんと行うかどうかで仕上がりに大きく差が出てきます。

優良業者ほど塗装前の準備を疎かにしません。

下地処理をきちんと行ってくれるかどうかが業者選びのポイントとなります。

洗浄後はクラック(ひび割れ)の補修を行います。

壁面の欠けている部分を専用の電動工具でカットし、

シーリング材と呼ばれる合成樹脂を充填し、平らに整えます。

塗装が剥がれている場合はコテでモルタルを塗布します。

クラックや剥がれの補修は塗装工程に入る前の重要な下地処理です。

ひび割れを放置したまま、塗料を塗ると雨水が外壁内部に侵入し雨漏りが発生します。

定期的に傷や欠けている箇所が無いか確認しておきましょう。

下地処理を終えたら塗料を壁に塗っていきます。

下塗りには「ミラクシーラーエコ」を塗布しました。

色ムラが出ないように刷毛に塗料を取り、適当な量になるよう調整します。

どの塗料も一度に塗る塗布量・厚さ・希釈率をメーカーが規定しています。

厚すぎず、薄すぎず、適切な配分で塗装を行わないと数年で剥がれてしまいます。

適切な量で綺麗に仕上げるには、専門の知識と技術が必要不可欠です。

塗り替えを依頼する場合は必ず専門の業者に依頼しましょう。

下塗り塗料が乾いたらメインの中塗り・上塗りに入ります。

ここは最終工程の仕上げなので丁寧かつ綺麗な状態になるよう塗布していきます。

外壁塗装は3回塗りが基本です。

1度の塗装だけではどんなに腕のいい職人が塗っても色ムラが発生します。

複数回塗らなければ塗膜に十分な厚みを持たせることはできません。

しかし、業者の中にはコスト削減のために下塗りや中塗りを省く職人もいます。

手抜きを未然に防ぐためにも見積書や作業工程を確認してみましょう。

塗料が完全に乾いたら足場と養生を解体し、工事完了です。

 

外壁の色褪せは塗料の劣化が原因で起こるため、対処方法は塗り直ししかありません。

しかし、最初に変色しにくい色や機能を選ぶことでお住まいの耐久性を高めることは可能です。

ベージュ系やグレー、茶色などの色は色褪せしにくく、落ち着いた印象を与えてくれます。

塗料の耐久性やメンテナンスの方法なども考慮して色を決めましょう。

 

2/21、北海道で震度6弱の地震が発生しました。

被災地の方々が一日も早く平穏な生活に戻られますことと、

地域の一刻も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。