広島市西区で床面が劣化した屋上の防水リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋上防水シート塗装工事
築年数:35年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

防水層の剥がれや色褪せが見られるマンション屋上のシート塗り替え工事を行いました。

 

アパートや集合住宅の屋上には

たまった雨水が建物内に浸水するのを防ぐ防水層が施工されています。

しかし、台風などの強風や経年劣化によってシートが膨れたり、剥がれることがあります。

そのような状態になると傷みの箇所から内部に雨水が侵入し、雨漏りに繋がります。

普段から屋上の状態を確認し、

コンクリートのひび割れや塗装の剥がれなどが無いか把握しておきましょう。

今回は屋上の防水塗装工事の様子をご紹介します。

 

まずは塗装箇所以外を養生し

高圧洗浄機で苔や埃などの汚れを洗い流していきます。

雨水や汚水などを排出する排水管の洗浄も同時に行います。

屋上のコンクリートの表面や既存の防水層の表面は、埃や苔が付着しています。

これらを付着したまま上から防水層を形成しても塗料が剥がれてしまう等、

しっかりした施工はできませんので塗料を塗る前に塗装面を綺麗にします。

洗浄後は下地と塗料の密着性を高める下塗り材を側溝と床面に塗布し、乾燥させます。

塗料が完全に乾いた後、

防水層表面を紫外線から保護する「トップコート」をローラーや刷毛で塗っていきます。

壁が立ち上がっている部分は平場と異なり、液体が重力によって下へ垂れるため、

材料が固めの立ち上がり専用防水材を使用します。

再びトップコートを塗っていきます。

屋上や屋根は外壁と比べて日中に浴びる太陽の光の量が多く、

防水の要である防水層は特に紫外線に弱い為コーティング材を塗らなければなりません。

塗料の耐久性を高めるために重ね塗りを行います。

表面が完全に乾いたら工事完了です。

 

お住まいを長持ちさせるために雨漏りを未然に防ぐことは重要項目の1つです。

「うちは建てるときに防水塗装をしたから大丈夫」

「屋根が防水の役目をしているでしょ」

と思っていませんか?

建築時に強力な防水加工を行っていても時間が経つと

その効果は落ちてきます。

防水機能が低下すると雨漏りが発生しやすくなり、

水分が内部に侵入、家の心臓部とも言える柱や梁が傷んで腐ってきます。

鉄骨も同様に錆びることで強度がどんどん落ちてきてしまいます。

防水加工のメンテナンスを行わないまま時間が経ってしまいますと、

大規模修繕になってしまい、多額の費用が掛かってしまいます。

建築時に防水加工を行うだけでなく、定期的にメンテナンスを行うようにしましょう。

 

大手回転寿司チェーン店がハンバーガーの販売を始めました。

廃棄を減らすため、材料には魚の切れ端を活用しているそうです。

私たちの身近なところでも、小さな工夫でゴミを減らせます。

出来ることから、始めていきたいですね。