廿日市市で瓦が大きくズレた瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。

先日、お客様から

「ここ何年か瓦屋根のメンテナンスをしていない。屋根の状態を確認したいから見てほしい」

とのご依頼を頂き、早速瓦屋根の無料診断を行いました。

 

屋根に上がり確認してみましたが、

瓦自体にひび割れ塗装が剥がれている箇所などは見受けられませんでした。

しかし、写真で見ても分かるようにのし瓦が前に大きく前にズレた状態になっています。

また、棟瓦にも隙間や歪みが確認できました。

瓦は漆喰により固定されています。

しかし、長年の雨風や紫外線の影響で漆喰が剥がれてしまいますと、

本来固定されているはずの瓦が動き出してしまいます。

瓦が動くことで、次第に屋根に隙間ができはじめます。

 

屋根に隙間ができた状態で雨が降り始めるとどうなるのでしょうか。

 

答えは簡単です。隙間から雨水が内部に染み込んでしまいます。

もちろん瓦の下には雨水の侵入を防ぐ防水紙(ルーフィング)が敷かれているので、

雨が降ったからと言ってすぐ雨漏りすることはありません。

しかし、防水紙にも吸収できる雨水に限度があります。昨年の豪雨等の雨量や雨が長期間続いてしまいますと、

防水紙でも雨水を吸収できなくなり、溢れた雨水が内部に染み出します。

その結果、天井裏の木部が腐敗する、天井に大きな雨シミが浮き出る、

屋根の木材が浮いてしまう等の被害に繋がるのです。

 

では、この被害を防ぐにはどうすれば良いのでしょうか。

 

棟瓦に大きな歪みやズレが見られた場合、

棟を再度積み直す「棟の積み替え工事」が必要となります。

棟の積み直しでは、古く歪んだ棟瓦を撤去し、新しく棟を積み替えていきます。

漆喰だけではなく内部の土や桟木を新しくし、のし瓦も並べ直す為、新築時の様に綺麗な棟となります。

 

「一部が壊れたから全て作り直す」のではなく「一部を取り替えればまた使える」

瓦屋根は物を大切にする日本人らしさがあります。

勿体無い精神を大切にして、安心できる住まいづくりをしていきたいですね。

 

花粉症の症状を和らげる食べ物として、ヨーグルトが挙げられていました。

ヨーグルトには花粉症の原因である抗体の活動を抑制する効果があるようです。

花粉症の方にとって辛い季節にはなると思いますが

食事の改善や工夫で症状が和らぎ、季節を楽しむことができればいいですね。