広島県東広島市で瓦がずれた瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。

写真から分かるように、屋根の頭頂部にあたる棟部ののし瓦がズレています。

また、のし瓦の隙間や下にある漆喰

ひび割れや剥がれ等の劣化によって内部の赤土が見えています。

棟では漆喰が瓦を固定してくれていますが、

雨風に長期間当たり続けると剥がれてしまいます。

瓦が動くと瓦同士が衝突し欠けてしまったり、落下する可能性があります。

この漆喰を守る為、棟部では半円型の棟瓦を上から被せ、両サイドにはのし瓦を並べて

雨水を屋根面に流し、雨水の侵入を防いでいます。

 

こちらのお住まいのようにのし瓦がずれてしまった原因は、

・のし瓦の下にある漆喰の剥がれや劣化したことによる沈下

・台風等による強風や地震や地盤沈下等の外部からの衝撃

といった2つが考えられます。

 

もし、劣化した棟を放置したままにしておくと、

剥き出しになっている赤土の部分からどんどん雨水が内部へ侵入し、

構造体の腐敗を進行させ、酷い場合には雨漏れが発生する可能性があります。

 

今回の場合は、幸いにも屋根の内部や天井のクロスへの雨漏れが見られませんでした。

棟が酷く傷んでいる場合には、積み替えの工事をすることで補修が可能です。

積替えの工程ではまず、ずれたのし瓦や古くなった棟部分を撤去します。

そして、防水紙や葺き土等を順番に設置していき、

漆喰を塗った後上から棟瓦を被せ、

ビスでしっかりと内部と固定することで新築時のように機能が回復します。

以前は、棟の中に葺き土を使用していましたが、現在では代わりに桟木と呼ばれる木材を使用します。

土よりも重量が軽くなり、屋根やお住まいに掛かる負担も軽減できるので耐震性も向上します。

棟の積み替えでは、内部の交換も可能ですので色々と検討してみるといいですね。

 

昨日の春のような天気にそろそろ薄手のコートを、と思っていたのですが

今日の寒さに、まだダウンコートが活躍してくれています。

三寒四温と言われる気温が安定しない時期なので、体調管理には気を付けたいですね。