広島市佐伯区でカビや錆があるモニュエル瓦屋根の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:モニュエル瓦屋根塗装工事
使用材料:スラリー強化プライマー、ナノシリコン他
築年数:40年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

屋根に黄色いカビや錆が付着していた為、モニュエル瓦屋根の塗装リフォーム工事を行いました。

モニュエル瓦とは、セメント製で出来た瓦を指します。

セメント瓦と同様に、セメント製の為瓦自体に防水機能はなく塗装によって補っています。

しかし、セメント瓦とは少し異なった部分があるのが特徴です。

瓦の表面に着色スラリー(セメント着色剤)が塗られており、

その上からアクリル樹脂系の塗装で覆っています。

この施工を施すことで、強風や豪雨に強い防水機能を備えています。

1973年ごろから使用されてきましたが、

現在では製造するメーカーがなくなり生産されなくなりました。

このモニュエル瓦、屋根材を塗装する中でも厄介なんです。

表面を他の屋根材と異なった施工をしている為、

再度塗装する際にはスラリー層を取り除いた後に塗装しなければなりません。

今回は、そんなモニュエル瓦の塗装工事の様子をご紹介します。

 

職人の安全確保の為足場と、塗料の飛散を防ぐ為保護シートの設置を行いました。

設置後、工事開始です。まず、屋根全体を高圧洗浄機で洗浄していきます。

屋根には傷みとして目立っていたカビや錆の他に、

目に見えない小さな埃や砂など様々なゴミが付着しています。

ゴミが付着したまま塗装を行いますと、塗料と屋根材の間に隙間が出来てしまい

塗料が剥がれやすくなる、凹凸が目立ち仕上がりが良くない等の影響が出てきます。

メイクをする前の洗顔と同じです。

一度洗顔し綺麗にしてからでなければメイクのノリは良くなりませんよね。

洗浄は塗装工程の基礎中の基礎です。基礎から丁寧に行うことが最後の仕上がりに影響してくるのです。

屋根全体を洗浄後、ケレン掛けを行います。

ケレン掛けとは専用のペーパーやブラシ等を用いて、屋根に付いた錆や苔を取り除く作業を指します。

屋根の表面の凹凸を削る効果もありますので、こちらも塗装前は欠かせない工程となっています。

この工程を怠りますとどんなに良い機能を持った塗料を用いても、

すぐ剥がれてしまう為意味がありません。

せっかく塗装をするのですから、良い塗料を使って長持ちさせたいですよね。

ケレン掛け後、いよいよ塗装作業です。まずは、塗装の基本となる下塗りから行います。

下塗り塗料には「スラリー強化プライマー」を使用しました。

塗装工事は、一般の家庭が行うペンキ塗りとは異なります。

ペンキを塗ってただ色を乗せるのではなく、屋根材を守る効果を付ける為行っているからです。

そもそも屋根材自体に防水や耐候機能はありません。

そのままではすぐに劣化してしまう為、塗料により補っているのです。

しかし、メインの塗料を屋根材にそのまま塗ってしまいますと、

屋根材を傷めてしまう可能性があります。

その為、予め下塗り塗料を塗っておくことで屋根材を傷めず、

メインの塗料の効果を最大限発揮できるようにしてあげるのです。

中塗り・上塗りに入ります。一般的に中塗り・上塗りに用いる塗料は同じものを用います。

今回は「ナノシリコン」を使用しました。

重ね塗りを行うことで、塗料の塗りムラを防ぎ、塗膜に厚みを持たせることが出来ます。

しかし、塗料の塗り過ぎには注意が必要です。

塗料を塗り過ぎてしまうと、屋根の隙間から入り込んだ雨水の蒸発が出来ず、

屋根の内部が常に湿気で溢れてしまいます。

湿気で溢れた内部には湿気に弱い木材も多く使われていますので、

次第に木部が腐敗し、雨漏りの発生を促してしまうのです。

職人の豊富な知識と経験が必要不可欠な工程なんですね。

塗料が完全に乾き、最終チェックが終りましたら工事完了となります。

 

屋根の塗装工事と一口で言っても、

その工程には其々意味があり、その時々で注意点も異なります。

ここ数年で流行しているDIYでちょっとした屋根や外壁の修理をするのは、

お金も掛からない為いいと思い込んでしまいますが、

お住まいは「長く安全に住む」ことを目的の一つとして作られています。

知識を持たずその場しのぎで補修をしても、

すぐ同じ症状になってしまうのはまだいいかもしれませんが、

お住まい自体を大きく劣化させる原因となることもあります。

お住まいに傷みが見られたら早めに専門家に相談しておきましょう。

 

福島県で世界で二番目に大きな鳥である「エミュー」の赤ちゃんが誕生したそうです。

生まれた時の体重は約600gと、私たちが普段目にする鶏の卵の約10倍の大きさだそうです。

サイズが大きくても、赤ちゃんですからこれから元気に成長してほしいですね。