広島市佐伯区で苔や欠損がある瓦屋根の葺き替えリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根葺き替え工事
築年数:50年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

先日、瓦屋根の診断を行った際に瓦に剥がれや苔、一部にひび割れや欠損箇所他、

瓦下の防水紙に劣化が見られたことから瓦屋根の葺き替え工事を行いました。

瓦屋根は瓦自体の耐久性が高いこともあり、

メンテナンス回数も他の屋根材より少ない回数で済みます。

しかし、瓦屋根を構成する漆喰や防水紙は瓦程丈夫ではありません。

勿論お住まい周辺の環境にもよりますが、防水紙の耐用年数は約20年前後です。

太陽光(紫外線)や雨風、地震など瓦屋根でも置かれている環境は過酷です。

瓦屋根だからと安心せず、定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

今回は瓦屋根の葺き替え工事の様子をご紹介します。

 

工事開始です。

まずは、棟から取り外し既存の傷んだ瓦を撤去します。

瓦を撤去し、取り外した瓦は纏めて管理します。

なぜ纏めて管理するのでしょうか。

多くの屋根には傾斜があります。

高所から瓦が落下してしまえばお住まいが傷ついてしまいますし、

ご家族やご近所の方、通行人に当たってしまうといった事故に繋がる可能性もあります。

事故を起こさない為にも、職人の目が届くところに纏め管理する必要があるのです。

桟木他を撤去します。

瓦の下には、桟木や防水紙などが設置されています。

苔が発生している、ということは

瓦下にも桟木が傷んでいる、雨水が回っている可能性が高いです。

葺き替え工事の際には、瓦下も取り替えるので古い木材を丁寧に取り外していきます。

防水紙(ルーフィング)を行います。

屋根の葺き替え工事の天敵は「雨水」です。

防水紙や瓦のない屋根は鎧を着ていないと同じで、

雨を直接受けてしまい雨漏れしてしまうのです。

その為、防水紙の設置まで短期間で行う必要があります。

防水紙の上から桟木を設置します。

桟木は以前瓦屋根では主に使われていた土葺きと異なり、

重い土を使わない為、屋根全体の重量を減らすことが可能です。

屋根が軽くなることでお住まいに掛かる負担も軽減し、耐震性も向上します。

桟木に合わせて均等に新しい瓦を葺き直していきます。

瓦を並べ終りましたら、棟を設置します。

まず、棟金具を一定の距離を置きながら均等に止め、

棟金具の上に棟の基礎となる桟木を置きます。

桟木の左右を黒の漆喰で固めていきます。

漆喰には瓦を固定する、という重要な役割がありますが、

長期間雨風が当たると剥がれてしまいます。適量を均等に凹凸なく塗ることが大切です。

漆喰を塗り終りましたら、上から半円状の棟瓦を被せていきます。

傷みやすい漆喰を雨風から守る大切な瓦です。

被せる際は斜めにならないよう気を付けて取り付けます。

棟瓦を専用のビスで桟木に固定し、棟の崩れを防止します。

最後に漆喰の塗り残しがないか、瓦がずれていないか等をチェックし

工事完了となります。

 

屋根の葺き替え工事は屋根の中でも大きな工事となりますが、

野地板や防水紙等も取り替える為、家を建てた時と同じ状態にすることが出来ます。

雨漏りや瓦が風で飛ばされる等といった心配もありません。

また、下地から新しくする為瓦屋根から瓦屋根にするのではなく、

瓦屋根から金属屋根など、お住まいの状況や今後の災害に備えたリフォームが可能です。

近年、災害の規模は以前では考えられないほど大きくなっています。

お住まいも私たちと「これから」を共にしていきます。

いざという時、あなたや家族を守ってもらえるようなお住まいにしましょう。

 

2/26、カープの抽選券配布に5万人が並んだそうです。

広島駅とマツダスタジアムの間が人混みで溢れていました。

今回の配布方法は新たな試みで、運営側も予想外だったそうです。

この様な事態が起こってしまうとファンだけではなく選手も悲しみます。

ファン全員が試合を見れる、というのは難しいですが

平等で納得のできる抽選にしてもらいたいですね。