広島市安佐北区で塗装が剥がれた屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。 写真から分かるように、ベージュ色の屋根がまばらに色褪せています。 また、屋根の表面や端など数か所でカビが生えていました。 こちらのお住まいの屋根瓦はモニエル瓦と言います。 モニエル瓦は防水性のないセメントが主成分である為、 塗装をすることで防水性が保たれています。 しかし、今回の様に塗料が劣化し、 手に白い粉が付着する「チョーキング現象」や「色褪せ」等の症状が見られますと、 本来あるはずの防水効果が発揮できなくなります。 また、飛来物や地震や台風等、外部からの衝撃によりひび割れが起こりますと、 隙間から雨水が侵入してしまい、雨漏りする可能性が高くなります。 屋根材に水分が入り込んでいますと、苔やカビが生えてしまい、 更に屋根を劣化させてしまう事になります。   モニエル瓦の補修は、 瓦の塗膜の劣化など軽度であれば屋根の塗り替え工事を行います。 モニエル瓦の表面には、 細かい固体粒子が液体中で混ざりあって泥状になったスラリー層」という着色膜が付着しているので、 最初の高圧洗浄やケレン掛けを行い綺麗に除去しなければなりません。 次に瓦の欠けている部分を補修し下塗り・中塗り・上塗りと重ねて塗装をすることで 防水性だけでなく美観も新築時のように回復します。 この様に、軽度の劣化であれば塗装で回復しますが、 ひび割れや欠けが屋根全体に広がり、内部も雨漏りするとなると 屋根の葺き替え工事が必要となります。 ここで、モニュエル瓦ならではの注意点があります。 実はモニュエル瓦は、製造していた会社が無くなった為、現在生産されていません。 そのため、瓦自体に劣化が見られたり雨漏れが発生していると 他の種類の瓦で葺き替える必要があります。 葺き替え工事は、屋根工事の中でも大きな規模となりますので 工事期間は勿論、工事費用も大きくなります。   屋根の寿命を延ばし、安心して住んでいく為には早めの補修が必要不可欠です。 定期的にメンテナンスをして、屋根のSOSに気付いてあげましょう。   明日、3/3はひな祭りです! はまぐりからお出しがたっぷりと出たお吸い物はおいしいですよね。 皆さまもこの週末、お健やかにお過ごしください。