広島県広島市安佐南区で漆喰のひび割れが見られる屋根の補修リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事名:瓦屋根補修工事

築年数:28年前後

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

漆喰のひび割れや瓦の欠けが見られた為、屋根全体の補修工事を行いました。

メンテナンスやリフォームを意識する時は見た目に変化があり気付いたケースが多く、

見た目に変化が無ければ意識する方は少なくなります。

しかし、どんなお住まいでも劣化を防ぐことはできません。

必ず工事が必要になる時期がやってきます。

素材や周辺の環境にもよりますが、屋根のメンテナンス目安は家を建てて20年前後と言われています。

お住まいは建てる時も気を遣いますが、建てた後のメンテナンスも大切なポイントとなってきます。

住宅は徐々にではありますが、ダメージが蓄積され続けています。

傷みの被害を最小限に抑えるためにも補修の方法・メンテナンス時期について調べておきましょう。

今回は屋根瓦差し替え・漆喰塗り替え工事の様子を写真を交えてご紹介します。

 

まずは金槌で既存の漆喰を取り除き、下地である葺き土をコテで平らにします。

土の表面が凸凹だと塗り替えの際、漆喰の量に厚みが出てしまうので

塗布前に調整しておきます。

下地を整えたらスプレーで葺き土を濡らし、

屋根に合わせた厚みになるように漆喰を塗りこみます。

この時、塗布する量が適切であれば問題はありませんが、

瓦からはみ出るほどの厚塗りをしてしまうと

漆喰の隙間から雨水が屋根内部に侵入し、雨漏りに繋がります。

塗り替え作業は熟練の技術が必要となるため、工事は屋根を専門とする業者に依頼しましょう。

漆喰塗り替え後はひび割れている瓦を取り外します。

瓦に亀裂が入る原因は雹や強風時の飛来物、アンテナの倒壊などがあり、

傷んでいる箇所を放置すると下地材の腐食や劣化を引き起こします。

強風が吹いたり、大雨が降った日の翌日は屋根に異常が無いか確認しておきましょう。

古い瓦を全て取り外したら新しいものに差し替えていきます。

横桟木と呼ばれる木材に瓦の裏側を引っ掛け、釘を打ち込み

瓦がずれないように固定します。

高所で足場が不安定な屋根の上での作業となり、危険を伴うので慎重に作業を行います。

瓦を全て差し替えたら工事完了です。

 

屋根の修理依頼で最も多いのは雨漏り補修です。

雨漏りを放っておくと、被害はどんどん広がります。

天井にシミができてしまった場合はか傷みがかなり進行しているサインです。

普段濡れるはずのない押し入れや物置部屋が濡れていたり、

湿っぽい感じがした等の違和感を感じたら専門家に相談してみましょう。

 

3月に入り、気温も暖かくなってきました。

春は卒業や入学、就職などの出会いと別れの季節です。

新生活に向けて良いスタートを切りたいですね。