広島市東区で色あせやカビ等が生えたスレート屋根塗装リフォーム無料診断を行いました。

先日、お客様から

「昨年は特に災害が多かったので不安になっています。一度屋根を見に来て頂けませんか」

とご連絡を頂き、早速スレート屋根の無料診断を行いました。

 

写真を見て頂いたら分かるように、屋根全体が色あせしていました。

また、屋根の端を中心に赤茶色の錆やカビ、苔が至る所に生えていました。

スレート屋根はセメントと繊維材料を混ぜた化粧スレート、

天然の鉱石を使った天然スレート等様々な種類があり、

耐火性に優れカラーバリエーションも豊富なことから、近年主流の屋根材の一つとなっています。

以前は、石綿スレートと呼ばれるアスベストを使用したものもありましたが、

環境や人体への影響が問題となり現在は使用されなくなりました。

今回のお住まいの屋根も化粧スレートであり、

セメントを含んでいる為、防水性はありません。

その為、屋根材の上から塗装をすることにより防水性や耐候性を持たせています。

しかし、塗料は紫外線や雨風、気温差などで徐々に劣化していきます。

劣化が進み塗料が剥がれてきますと、

スレート屋根に防水性は無くなり雨の影響を直接受けることになるのです。

また、劣化した屋根材はひび割れが起こりやすくなりますから、

ひび割れた隙間から雨水が侵入する可能性も高まります。

 

屋根から雨漏りしてしまったら、お住まいにどの様な被害があるのでしょうか。

まず、屋根裏が濡れてしまいます。屋根裏が濡れる、と言われてもピンときませんよね。

あなたが思う屋根裏はどんなイメージがありますか。

窓が小さく、光が届きにくい埃の舞う薄暗い場所、とイメージしますよね。

そこに水が入ってきてしまえば、どうなるでしょう。

屋根裏に湿気が溜まり、木部が腐敗していきます。

お住まいを支える構造体が腐敗し、劣化してしまえば、お住まいの耐久性が低下してしまいます。

また、天井裏のみではなく天井のシミや押し入れなどにも被害が広がりますので

早めの対処が必要となります。

 

今回の様に屋根の色褪せや錆やシミなどの汚れであれば、

屋根を再度塗装することで回復できます。

塗装工事では塗装前に屋根の上に付着したカビや汚れを綺麗に落とした後、

塗装を行いますから、下地の状態も良くなり塗料の密着性も向上します。

密着性の高い塗装は、

塗料の効果を十分に発揮できると共に剥がれにくくなりますから屋根の持ちも良くなります。

軽度であれば塗装のみで十分回復できますが、

ひび割れや剥がれ等重度の場合は葺き替え等の大きな工事が必要です。

 

病気も酷くなれば完治は難しくなりますが、

早期発見し適切な処置を行えば後遺症も残らず完治する可能性も高くなります。

お住まいの劣化も病気と同じで、早めに対処すれば被害も補修する場所も少ない範囲で済みます。

しかし、屋根の上は普段見ることはできない為、

思っていたよりも劣化が進んでいた、なんてことは珍しくありません。

屋根のSOSに気付くために定期的なメンテナンスをお勧めします。

 

日差しにぬくもりを感じる今日この頃です。

気候も穏やかで過ごしやすいこの時期は沢山の行事が楽しめますね。

ご家族の楽しい思い出の一つとなるような

素敵な時が過ごせるといいですね。