広島県廿日市市で塗膜の劣化により剥がれたカラーベスト屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。

先日お客様から

「屋根の色が悪くなっているので、綺麗にしたい。一度見に来てください」

とのご相談を頂き、早速カラーベスト屋根の無料診断を行いました。

 

屋根に上がり診断を進めていくと、屋根材が剥がれている箇所をいくつか確認できました。

また、剥がれた箇所には青い苔や錆がいくつも見られました。

経年劣化により、塗料の耐久年数が過ぎてしまい

表面が剥がれている箇所が広範囲に広がっている状態でした。

また、苔の付着も広がっている事から

屋根材の防水機能も低下し、水はけの悪い状態になっています。

 

今回のお住まいの様に屋根下地が剥き出しになっている状態は

内部へ雨水や湿気が侵入する雨漏れの可能性が非常に高くなっています。

雨漏れしてしまうと、屋根裏や押し入れ、リビングの天井のシミなど

内装の工事費用などの金額も負担することになります。

特に天井の雨シミは普通のシミと異なり、ふき取りで綺麗に落ちることはありませんから

一度できてしまうと壁紙の貼り替えが必要となります。

折角のマイホームですから、綺麗なお住まいで長く住みたいですよね。

その為には、傷みや劣化の早期発見が大切です。

早めに気付いて補修を行うことで、工事の規模も小さく被害も最小限に済ませることが出来ます。

 

今回は幸いにも、内部に雨漏りしていませんでした。

屋根の傷みが軽度の場合には、屋根の塗装工事を行います。

塗装工事では、高圧洗浄機やけれん掛けを行い、

綺麗に屋根の汚れやコケを洗い流し、ひび割れ箇所などを補修した後塗装を行います。

塗料には防水効果や耐候性がありますので、綺麗に塗装した後も長くお住まいを守ってくれます。

また、塗装前に行う高圧洗浄は汚れを落とすだけではなく、

新しい塗料の密着性を高める為重要な役目をしています。

古い塗膜が残っていたり、水分やカビが残っている状態で塗装をしてしまうと、

その後の持ちも悪くなってしまいます。

 

屋根塗装や外壁塗装は外観を美しくする以外にも、屋根材・壁材を保護する

重要な役割があります。塗料が直接雨漏れを防ぐわけではありませんが、

保護をしていない状態だと結果的に雨漏れに繋がってしまいますよね。

屋根はなかなか見る機会がありません。

その為、既に大きく傷んでしまって気付いた、ということも多々あります。

定期的なメンテナンスを心掛け、いつでも安心できるお住まいにしていきましょう。

 

昨晩は、卓球の世界選手権の観戦で盛り上がった方が多いのではないでしょうか。

どんどんレベルが向上していく日本人選手を見ていると

2020年の東京オリンピックが楽しみですね。