山口県岩国市で屋根漆喰が剥がれ葺き土が流れている瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。

先日、お客様から

「この間屋根から漆喰のようなものが落ちてきたので一度見て欲しい」

とのご依頼を頂き、早速瓦屋根の無料診断を行いました。

屋根に上がると漆喰が剥がれ落ちてしまい、

中の葺き土が表面に露出している状態になっています。

また、棟瓦では漆喰にひびが入り欠けていることが分かります。

漆喰が剥がれて懸念しなければならないのは、

美観を損ねてしまっているだけではありません。

 

瓦の棟部分では葺き土を土台に積んでいます。

その際に、土台の葺き土が流れないように表面部分に漆喰をして蓋をしています。

特に、鬼首漆喰や取り合い漆喰など漆喰そのものが

雨水の侵入を直接防いでいる箇所の漆喰が剥がれてしまうと、

土が流れ積んだ瓦がズレやすくなることや、

葺き土に直接雨水が当たり内部が雨漏りしやすくなってしまいます。

 

今回は幸いにも漆喰が剥がれたのみで、

天井や天井裏への雨漏り被害は見られなかった為、漆喰の塗り替え工事で解決できます。

漆喰の塗り替え工事では、まず残った古い漆喰を撤去し、

表面を整えた後に新しい漆喰を塗ります。

工程だけみると、

塗り替えだけなら私でもDIYで出来そう・・・とか考えてしまいますよね。

DIYでやれば費用も掛からないし工事期間もないといい事尽くしの様に思われますが、

間違えてしまうと雨漏りや落下して大けがをする可能性がある工事なのです。

まず、漆喰には適量があります。漆喰を適量以上に塗ってしまうと、

本来であれば瓦で防いでいた雨水が直接当たるようになり、短期間で剥がれる原因となります。

漆喰は瓦と異なり雨水を吸収してしまう、というのも覚えておきましょう。

次に、高所からの落下による怪我です。

屋根は上がってみると予想していたよりも高いことが多く、

傾斜になっていることから足場が安定していません。

慣れないうちに屋根の上で作業を行ううち足を踏み外せば、

大きな事故になる可能性が非常に高くなります。

漆喰はきちんとした手順で適量を塗り替えれば、また何年もお住まいを守ることが出来ます。

安全にお住まいを守る為に、工事は専門業者に相談しましょう。

 

3/5にマツダスタジアムで、地元初のオープン戦が行われました。

結果は巨人に4-1と見事勝利しました。

今年もカープが活躍してくれそうで、わくわくしますね。

カープ選手の活躍に期待しつつ、私たちも頑張りたいですね。