先日、お客様から 「天井にシミが出ているのを発見しました。 屋上のメンテナンスもあまりしていないので見に来て頂けませんか」 とご連絡を頂き、早速広島市中区で塗装の剥がれや苔が発生している屋上ベランダの無料診断を行いました。   写真で見ても分かるように、屋上の塗装が剥がれ、 ひび割れが所々に見られ、水捌けが悪く水たまりができていました。 また、お客様が雨漏りに気付くきっかけとなった天井にも雨シミが広がっていました。 防水の耐用年数は、およそ10~15年程度と言われています。 屋上などに用いられる防水工法はウレタン防水工法FRP工法が用いられることが多く、 塗料による防水層の形成により防水機能を果たしています。 しかし、瓦等と異なり塗料は紫外線や雨に弱く年数経過するにつれ劣化していきます。 絵の具で描いた絵でも、長時間外に放置するとひび割れできますよね。 屋上の塗装も同様に剥がれやひび割れ等が塗料の劣化のサインです。 劣化は自然に起こってしまう為、完全に防ぐことはできません。 その為、定期的に塗り直し防水層を維持する必要があります。 雨漏りにより内部に浸入した水は、 今回の様に天井に雨漏りを発生させるだけでなく、 お住まいの内部には木部や鉄部がありますから腐食し、お住まいの耐久性が低下する要因となります。 また菌やカビが繁殖してしまうこともあります。 カビが繁殖し、あなたやご家族が吸い込んでしまいますと 喘息や感染症など健康被害を及ぼす可能性もあります。   このように屋上の劣化は、お住まいや人体に様々な被害を及ぼしますが 劣化のサインは専門知識のない人でも見極めることができます。 塗装の剥がれやひび割れだけではなく、 今回のお住まいの様に屋上に水たまりができ藻や苔が生える等といった分かりやすい症状が現れます。 劣化の程度が軽い場合であれば工事内容も塗装のみで済みますので、 いつまでも綺麗な状態で使い続けるためにも酷くなる前に 定期的なメンテナンスを心掛けましょう。   あのハローキティが初のハリウッド映画化が決定したそうですね。 日本で誕生したハローキティが海外でも多くの支持を受け、 愛されていることに日本人として誇らしいですね。どんな映画になるのか今から楽しみです。 公開はまだまだ先になりそうですが、 これを機に映画館に足を運んでみるとリフレッシュできていいかもしれませんね。