広島県広島市安佐南区でひび割れたベランダの防水塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装、ベランダ防水工事
築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

外壁にひび割れや塗料の剥がれ等の症状が見られた為、外壁塗装工事を行いました。

また、ベランダにもひび割れが全体に見られたことからベランダの防水塗装も同時に行う事となりました。

ベランダの防水工事には様々な工法があり、

一般のベランダ防水にはFRP防水工法やウレタン防水工法が主に用いられています。

FRP防水工法とは、浴槽や屋根材などに用いられる工法です。

軽量でありながら耐久性に優れ、

塗膜の硬化が早く施工期間も短いこと等から多くの住宅で採用されている工法です。

しかし、下地への密着力が強くすぐ硬化してしまう事からひび割れを起こしやすく、

面積の大きい場所には向かないというデメリットもあります。

ウレタン防水工法とは、軽量であり形状にとらわれず施工が出来る事から多くの場所で用いられている工法です。

また、価格も安価なため低予算で施工可能である点も選ばれる理由の一つです。

しかし、下地の状態や職人の技術によって差ができやすいことや、

塗料が乾きにくいといったデメリットもあります。

今回は、FRP防水工法によるベランダの防水塗装工事の様子をご紹介します。

 

塗装前に、ベランダ全体を洗浄します。

ベランダにはひび割れや塗料の剥がれは勿論、

風で運ばれてきた小さな砂や埃等が溜まっています。

汚れが溜まった状態で塗装をしてしまいますと、ベランダと塗料との間に隙間が出来てしまい

施工後凹凸が出来てしまう、塗料がすぐに剥がれてしまう等といった事になります。

隅々まで高圧洗浄機で丁寧に汚れを落としておきます。

サンダーで表面を目荒らししていきます。

目荒らしとは表面に小さな傷を細かくつけ、

後に塗布するプライマーなどの吸着しやすくする作業を指します。

目荒らしは作業後に塗装を行う為、

進行度やどの程度丁寧に作業したか分かりにくい工程でもあります。

しかし、時間が掛かる目荒らしを隅々まで丁寧に行うと精度の高い下地を作ることが出来ます。

ベランダと塗料の密着性を上げる為にも、重要な工程の1つです。

目荒らしにより下地を整えた後、プライマーを塗布していきます。

プライマーには、塗料とベランダの密着性を高める接着剤のような効果があります。

色を混ぜた樹脂塗料を塗布していきます。

樹脂自体は無色透明です。そのまま塗布すると下地まで見えてしまいます。

その為、塗料に色を付けることで透けないようにします。

FRP防水工法では、通常ガラスマットを敷きますが、

今回はガラスマットに傷みの症状は見られなかった為、

表面の塗り替え補修のみ行いました。

色付きの樹脂を塗装後は、表面がでこぼこしており凹凸が目立ちます。

表面に凹凸が見られると塗装作業の際に色ムラなど仕上がりに影響が出る他、

塗料が上手く密着せずこちらも短期間で剥がれてしまう原因にもなります。

その為、再度目荒らしを行い細部まで平滑にしておきます。

目荒らし作業後、再度トップコートを塗ります。

アクリルウレタン系のトップコートは、

主に新築時に使用されるポリエステル系と異なり硬さがない為、塗り直しに良く使用されます。

トップコートの目安は約5年前後と短い為、定期的なメンテナンス必要となります。

トップコートが完全に乾きましたら工事完了となります。

 

ベランダは太陽光(紫外線)や雨、風に日々晒されており、

屋根や外壁と同様劣化することは避けられません。

劣化しひび割れると、ひび割れた箇所から雨水が侵入し雨漏りや、

構造体が腐敗しお住まい全体の耐久性が低下してしまいます。

毎日使うベランダだからこそ、日頃から安心できるよう整備しておきましょう。

 

和歌山県のアドベンチャーワールドでは、

ひな祭りにちなんで、パンダ赤ちゃん「彩浜(サイヒン)」に

ひな人形に見立てた雪ダルマを送ったそうです。

パンダの赤ちゃんが興味を示している姿は、写真で見てもとても可愛らしいですね。

彩浜の健やかな成長を願って、これからも私たちを癒してもらいたいですね。