広島県広島市安佐南区で塗装が浮いた大手塀のリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:大手塀塗装工事
使用材料:プレミアムフィラー、プレミアムシリコン他
築年数:37年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

大手塀の塗装内部に水が廻り、塗料が膨らみ浮ている状態だった為、大手塀の塗装工事を行いました。

お住まいのような塀は「吹付」や「塗り壁」と呼ばれる種類で、

ブロックやコンクリートで出来た塀の上から塗料を塗った塀を指します。

上から塗装をする為、

色やデザインを自由に選択でき雰囲気もおしゃれになることから

主に洋風のお住まいで見かけることが多いです。

しかし、ブロック塀等と異なり、塗料を塗っている為定期的に塗り直しを行う必要があります。

今回の様に塗料が劣化し中に水が廻ってしまう事で、外壁からぽこっと浮き出てしまい

綺麗な外観が台無しになってしまいます。

また、これらの症状は塗膜の劣化のサインでもある為早めの補修が必要です。

今回は大手塀の塗装工事の様子をご紹介します。

 

まず、中に水が廻っている塗装を剥がします。

塀に水膨れが出来る原因は主に2点あります。

1点目は、雨水の侵入です。塀にできたひび割れ(クラック)や隙間から、

内部に雨水が入り込み水膨れを起こします。

2点目は施工中の乾燥不足です。塀の塗装は一般に3回、塗料を重ね塗りします。

しかし、塗料が乾く前に再度重ねて塗ってしまうと、

塗膜に含まれる閉じ込められた水分や溶剤が膨張してしまい、塀と塗料の間に膨らみが出てしまいます。

また、塗装時の密着性が低いことも水膨れの原因となります。

膨らんだ塗料が残ったまま補修をすると、隙間ができ剥がれやすくなりますので

手作業で丁寧に撤去していきます。

剥がした箇所周辺にモルタルを薄く塗り込みます。

剥がした後は、塀の表面にでこぼこが出来ています。

でこぼこしたまま塗装をすると、見た目にも良くないですよね。

デコボコを無くし、表面を塗装しやすくする為モルタルを塗っていきます。

モルタルが完全に乾きましたら、高圧洗浄機を用いて塀全体を洗浄します。

塀には青い苔やカビ、埃や砂などが付着しています。

目には見えなくても、触ってみると指先が黒くなったことはありませんか。

塀は車や人が行き来する道路の前に設置されることが多いですから、

気を付けていても汚れを防ぐことはできません。

汚れを付着した状態で塗装をしてもまた水膨れや剥がれてしまう原因になりますので、

隅々まで丁寧に落としていきます。

洗浄後、塀の上部に出来た隙間やひび割れをシーリング材で補修していきます。

シーリング材を充填した直後は、表面からシーリング材がはみ出ています。

紙の上に修正液を垂らしたイメージです。表面がぷくっと浮いていますよね。

その為、ヘラなどを用いて表面を平らにしておきます。

下地の調整後、メインの塗装作業へと入ります。

塀の塗装は外壁と同じく、下塗り・中塗り・上塗りの3工程を行います。

下塗りには「プレミアムフィラー」を使用しました。

フィラーは塀や外壁の下地に凹凸がある場合に用いられ、

表面を平らにし滑らかにする効果があります。

他の下地塗料と異なり厚く塗る必要がある為、塗布量が2~3倍と多くなります。

下塗り塗料が乾きましたら、中塗り工程へと入ります。

中塗りには下塗り塗料と上塗り塗料との密着性を高める他、

上塗り塗料を塗りやすくする下地を作成します。

上塗り工程です。中塗りと上塗りに用いる塗料は原則として同じものを使用します。

中塗りで出来た色ムラや全体的な美観などもこの工程で決まる為、

慎重かつ迅速に作業していきます。

塗料を塗り重ねることで、塗膜が厚くなり耐久性も向上させることができます。

塗料が完全に乾きましたら工事完了となります。

 

フェンスや塀は雨や風などからお住まいを守る他、

人目からあなたやご家族のプライバシーを守る、防犯する等の役割があります。

また、最近では凝ったデザインを取り入れ、

お住まいの印象や雰囲気を良くする為にも用いられています。

デザイン面や機能面からも多くの家で取り入れられている塀やフェンスですが、

主な成分はコンクリートやブロック、金属などの為、

築年数が長くなるにつれ劣化していくことは避けられません。

通勤や外出する際に使用する道の塀が傷んでいると、不安になりますよね。

実際に、去年の大阪地震ではブロック塀倒壊による事故もありました。

 

リフォームをする、と考えた時にどこをイメージしますか。

多くの方が外壁や屋根、内装をイメージしますよね。

勿論、外壁や屋根、内装はお住まいの中でも毎日の生活に直結した場所ですから

リフォームしたいと考えるのは当たり前ですよね。

しかし、この記事を読んだ方にお願いしたいのは、

塀やフェンスも選択肢に加える」ということです。

塀やフェンスが劣化したからと言って、

すぐにあなたやご家族に被害が出ることはありませんが、傷んだ塀をみるとどのように思いますか。

大きく欠けてしまえばプライバシーを完全に守ることはできませんし、

泥棒も入りやすくなりますよね。

今すぐリフォームして下さいとは言いません。

塀もお住まいの一部であることを知って、屋根等の定期診断と共に現状把握をしておきましょう。

 

日本でグリーンダウンプロジェクト(Green Down Project)

と呼ばれる取り組みが行われているそうです。

ダウンジャケットに使用されている羽毛を回収し、リサイクルするそうです。

世界でも羽毛の供給量は減少しています。

「もったいない」という言葉があるように、

日本の物を大切にする気持ちが世界へと発信され、

温かい羽毛がいつまでも使い続けていけるようになればいいですね。