広島県広島市佐伯区で色褪せた外壁の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事

使用材料:ミラクシーラーエコ他

築年数:37年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

お住まいの外壁全体に色褪せが目立ち

壁の塗料が粉状になるチョーキング現象が見られた為、外壁の塗装工事を行いました。

塗り替えはなぜ必要なのか。

塗装工事では塗料を塗るだけでなく、ひび割れや剥がれも補修するので

お住まいの外観をより美しくするだけでなく、

低下した壁の耐久性を高める効果もあります。

一般的に外壁塗装の時期は築10年前後で

主な症状としてはチョーキング現象やカビ・苔の繁殖が挙げられます

定期的にメンテナンスを行い現状把握をして、必要であれば修理を行いましょう。

今回は外壁塗装工事の様子をご紹介します。

 

工事開始です。

まずは足場を組み、お住まい全体を保護シートでカバーします。

外壁塗装工事の工程では高圧洗浄機による洗浄や壁の塗り替えを行う為、

水や塗料等の液体が飛び散ることがあります。

写真に写っている青いシートのような大きなものでお住まいを覆い、

近隣のお住まいへの飛散防止を行います。

塗装箇所以外を養生し高圧洗浄機で壁の汚れを除去します。

外壁の汚れは放置していると劣化を早める原因になります。

苔や埃などの軽い汚れであれば

家庭用のホースで洗い流すこともできるので年に1~2回は掃除しておきましょう。

洗浄後は外壁のひび割れや目地の補修などの下処理を行い、

壁と塗料を密着させる下塗り塗料「ミラクシーラーエコ」を塗布します。

下塗り材は接着材のような役割を果たし、

塗装の剥がれなどを防止するのでこの工程は塗装工事の中でも重要です。

メイク前に化粧下地を塗って、

ファンデーションなどのメークアップ化粧品が肌に触れないようにするような感じですね。

外壁の下地材にはシーラーの他にもフィラーと呼ばれる塗料があります。

シーラーは上塗り塗料の吸い込みを抑える為に

コンクリート壁やモルタル壁(砂・水・セメントで出来た壁)に塗布しますが、

フィラーは凸凹やひび割れがある壁の表面が滑らかになるように調整する塗料です。

見積もりを見たときにどの下塗り材が使われているか知っておくと、

業者との打ち合わせもスムーズに進められるようになりますので

ぞれぞれの塗料の特徴など確認しておきましょう。

塗膜に厚みを持たせ、耐久性を高める為に同じ塗料を2つの工程に分け

中塗り・上塗りと重ね塗りをします。壁の塗装は下塗りを含め3回塗りが基本です。

塗料には必ず乾燥時間が定められているのでしっかり乾燥させておかないと

塗膜の密着性が弱くなり、塗装がすぐに剥がれる事があります。

また、壁面が濡れていたり、塗料に必要以上の水分が混入した場合も同様に

塗装が本来持つ接着力が発揮されなくなりますので

雨や曇りの日など天候が悪い場合は作業を一時中断することがあります。

外壁塗装工事は予定よりも工事期間が延びる可能性があることを

事前に知っておくといいですね。

塗りムラや塗り残しがないか確認し、足場と養生を解体したら工事完了となります。

 

定期的なメンテナンスが必要と言われても

どのような状態になったら塗り替えが必要なのか

分からない方も多いのではないでしょうか。

傷みにも軽度なものから深刻な症状まで幅広くあります。

例えば、埃や排気ガスなどによる汚れや0.3㎜以下のひび割れが見られる場合は

自分で補修することも可能ですが、

塗装の剥がれや色褪せなどが目立ち始めたら劣化が進んでいるサインです。

そのような症状が見られた場合は個人での修理は難しくなります。

外壁塗装は内装の工事と異なり難易度が高く、

塗装に慣れていない初心者だと上手く塗れず、色ムラや塗り残しが出てしまい

作業後1年で剥がれてしまうことがあるからです。

折角、DIYで安く補修してもすぐに剥がれてしまうのなら、意味ないですよね。

プロの職人は気候や湿度の変化、壁材や塗料の性質を知った上で

最適な塗装方法を選択して塗装を行います。

傷みが見え始めたら専門の業者に依頼しましょう。

 

大手コンビニエンスストアが24時間営業の取り止めを検討しているそうです。

コンビニやファミレスなど、私たちの生活に深く浸透している深夜営業。

「いつでも営業している」ことが本当に必要なのか

考えさせられる問題ですね。