廿日市市で横に大きくひびの入った外壁の塗装リフォーム無料診断を行いました。   先日、お客様から 「屋根は以前補修してもらって安心なんですが、最近外壁のひびが気になるようになりました」 とのご依頼を頂き、早速外壁の無料診断を行いました。   外壁を確認してみますと、白い外壁の横に大きなひび割れが見られました。 また、白い外壁に緑色の苔が付着している箇所等もいくつか確認できました。 外壁のひび割れは、 雨が降り外壁に雨水が伝わった時に隙間から雨水が侵入するケースが高くなります。 雨水が内部へ侵入してしまうといっても、すぐに室内の雨漏れに繋がる事はありません。 しかし、お住まいの内部には構造体と呼ばれる、人間でいう骨のようなものがあり 木造住宅を除いた多くの場合、構造体は鉄であることが多いです。 鉄は一見雨や水分に強そうに思われますが、鉄部の表面が水分を吸収してしまうと錆びてしまいます。 錆が悪化すると鉄部に穴をあける等の被害を与えますので、注意が必要です。 お住まいの耐久性も低下してしまいますので、定期的なメンテナンスが必要となります。   また、ひび割れから侵入した水分が下地の間に入ると、外壁の塗膜部分が剥がれてしまいます。 剥がれも放置してしまうと範囲がどんどん広がっていく為、 気が付いた時にはひび割れよりも外壁の剥がれの方が目立っている、というケースも多くあります。   傷みが進行していくと自然と元に戻すことはできませんよね。 今回のように、外壁にひび割れや汚れが見られた場合は、外壁の塗装工事を行います。 外壁の塗装の工程では、塗装前に外壁の汚れを一度綺麗に高圧洗浄で洗い流し、 乾燥させた後にひび割れをコーキング材で埋め、塗装を行います。 塗装の際に、以前とは異なる色や機能を持った塗料を選択することが可能ですので これを機にお住まいの雰囲気をがらっと変えて、気分を変えるのもいいかもしれませんね。   先日、ウグイスの鳴き声を聞き、また春の訪れを感じました。 まだ少しぎこちない若鳥の『ホーホケキョッ!』でしたが とても可愛らしくて暖かい気持ちになりました。 通勤時に音楽を聴くのもいいですが、 たまに鳥の声に耳を傾けてみるのもいいかもしれませんね。