広島県広島市安芸区で苔が生えた屋根の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事名:セメント瓦塗装工事

使用塗料:パワーシーラー他

築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

屋根全体に苔や色褪せ、錆などの傷みの症状が見られた為、

セメント瓦の塗装工事を行いました。

 

セメント瓦とはセメントと砂などを原材料に作ったもので

・赤や青など瓦のカラーバリエーションが豊富

・熱や音を通しにくく、板金と比べて室温が暑くなりにくい

などの利点がありますが、

セメント自体に防水性が無く、10年経つごとに塗装工事を行わなければならない

という欠点もあります。

セメント瓦はコストの安さと色の種類が多くあることがポイントですので

工事費用を安くしたい、明るい色の屋根にしたいという方にぴったりの屋根材です。

今回はセメント瓦の塗装工事の様子をご紹介します。

 

工事開始です。

瓦の表面に付着しているカビや埃などの汚れを高圧洗浄機によって洗い流します。

洗浄後は瓦の表面を乾燥させ、剥がれかけの塗膜や錆をブラシでこすり落とします。

「ケレン掛け」と呼ばれるこの工程では

古い塗膜や汚れを除去し、瓦を塗り替える際より綺麗な仕上がりになるよう

下地を調整しなければなりません。

塗装前に劣化した旧塗膜を残したままにすると

工事後に塗料の剥がれやひび割れなどの不具合が生じてしまいます。

傷みの発生を未然に防ぐ為に丁寧に汚れを取り除いておきます。

汚れを取り除き、表面を綺麗にしたらひび割れた箇所の補修・瓦の差し替えを行います。

こちらのお住まいでは、屋根の上に太陽熱温水器を設置していた為、

太陽熱温水器周辺の瓦が多く傷んでいました。

ソーラーパネルや太陽熱温水器は、太陽からの光をエネルギーに変える便利な機会ですが

当然重量もあり幅も大きなことから、常に屋根に負担をかけている状態となります。

もし、使用していない太陽熱温水器がまだ屋根の上にある場合は、

そのまま設置しておいても屋根材が傷むだけとなりますので早めに撤去しておきましょう。

瓦のズレや割れは雨水の侵入経路であり、放置していると水分が下地を腐食させるので

屋根裏の雨漏りに繋がってしまいます。

この工程ではケレン掛け同様に塗装がしやすいように

事前に屋根の傷んでいる部分を修理しておきます。

塗り替えの準備が整いましたら

下塗り塗料「パワーシーラー」を塗っていきます。

この塗膜には仕上げ材と塗装面を接着させる役割があるので

ローラーで屋根材に塗料を含ませるように塗っておきます。

下塗り塗料を乾燥させましたら

仕上げ材となる「カスタムシリコン」を塗布していきます。

写真のようなセメント瓦を塗装する場合、

塗料には塗膜の耐久性が高いシリコン塗料と

汚れが付きにくいフッ素系樹脂塗料が用いられます。

上塗り塗料は紫外線や雨から下地を守る効果を持つので

塗り残しやムラが出ないように丁寧にゆっくりと塗ります。

塗装の耐久性を高める為にもう一度同じ塗料を塗り直します。

重ね塗りをする理由は塗膜の耐久性を高めることにあります。

女性でネイルをする方はマニキュアをイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません。

マニキュアを塗る際、綺麗に色を付けたり、持ちを良くするために重ね塗りをしますよね。

それと同じように屋根も仕上げの完成度を高めるために下塗りを含めて

計4回の塗装が必要となります。

塗装後、塗り残しや色ムラが無いか確認したら

工事完了となります。

 

屋根塗装工事は屋根材に塗料を塗り、外観を綺麗かつ傷みの発生を防ぎ、

屋根本来の機能を長持ちさせるために行います。

定期的にメンテナンスを行うことはお住まいの寿命を高め

住んでいる人々の生活をより安全・快適にしてくれます。

必要なお手入れを怠ってしまうと後で大きな修理が必要になるので

専門家に相談しながら長期的な修繕計画を立てておきましょう。

 

英国のエリザベス女王(92)がインスタグラムでのデビューを果たしたそうです。

新しい流行や文化を年齢関係なく取り入れられる柔軟性を

私たちも見習いたいですね。