広島市佐伯区で錆や塗装の剥がれが目立つ金属屋根の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:金属屋根塗装工事
築年数:43年前後

【工事前】


【工事後】

工事の様子

屋根には長年の雨や紫外線による錆や色褪せが発生しており、

また所々腐食している箇所も見られた為金属屋根の塗装工事を行いました。

金属屋根では、劣化の程度によって補修方法が変わってきます。

屋根の一部の劣化し腐食している場合であれば、部分交換を行います。

部分交換が屋根の補修工事の中でも金額の低い工事となります。

費用だけではなくお住まいに与えるダメージを考えても、部分交換の時点で補修できればいいですね。

次は今回の様に、屋根全体が色褪せ塗料の保護機能が低下した際に行われる塗装工事です。

比較的軽い錆であれば、ケレン掛けによって錆を落とした後塗装を行えば保護機能が回復します。

塗装ではカバーしきれないほど劣化が激しい場合は、屋根カバー工法となります。

屋根カバー工法では、既存の屋根の上から新しい屋根を被せる工法です。

既存の屋根はそのまま撤去することはありませんので、費用面でも抑えることが出来ます。

最後に、屋根材のみではなく下地部分まで傷んだ場合は、

上から新しい屋根を乗せてあまり意味がない為屋根の葺き替え工事となります。

通常であれば、屋根材の下には防水紙と呼ばれる雨水を防ぐシートが設置されていますが、

防水紙が劣化し穴が開いている等の状態であれば雨水が入り込んでしまう可能性があります。

このように屋根の工事は劣化の程度によって工法が異なるので、

専門の業者と一緒に適切な補修を行いましょう。

今回は、金属屋根の塗装工事の様子をご紹介します。

 

工事開始です。

塗装前に屋根の上の洗浄作業を行います。

高圧洗浄機を用いて洗浄した後、ケレン掛けを行い手作業で錆を落としていきます。

塗装前の下地処理が重要であることは、外壁であっても屋根であっても変わりません。

下地の処理が不足したまま塗装を行いますと、

塗料と屋根材の間に隙間が出来て剥がれやすくなる、

隙間に錆が発生しやすくなるといったことが起こります。

費用の掛かる塗装を行ったにもかかわらず、すぐ剥がれてしまっては意味がないですよね。

長くお住まいを守ってくれるように下地からしっかりと丁寧に調整します。

下地調整の完了後、塗装工程へと移ります。

メインの塗料を塗る前に、錆止め塗料を塗っていきます。

ここで注意して頂きたいのは、

錆止め塗料は既に発生している錆の進行を抑えるのではないということです。

錆は鉄と水分が接触して発生します。この接触を遮断する機能があるのが「錆止め塗料」です。

その為、錆止め塗料を塗る前にケレン掛けを行い綺麗にしておく必要があるのです。

錆止め塗料が完全に乾いたことを確認した後、メインの塗料を塗っていきます。

メインの塗料は重ね塗りが基本となります。

屋根を守る塗膜が薄くなってしまうと機能を活かすことが出来ません。

また一度目の塗りムラや気泡を防ぎ、施工後の綺麗な屋根を実現することも可能です。

塗料が完全に乾きましたら工事完了となります。

 

金属屋根の塗り替え目安は約10~15年が目安と言われています。

しかし、お住まいの周りの環境が雨雪の多い地域であったり、

日照りが続く地域であったりと屋根を劣化させる原因が多ければこの目安より前に塗装の必要があります。

判断には専門知識や経験が必要となりますので、

屋根に気になる劣化が見られたら早めに相談しておきましょう。

 

早いもので3月も中旬となりました。あと2ヶ月で梅雨を迎えます。

梅雨の時期は塗料が乾きにくく、塗装期間も伸びる可能性があります。

塗装に最適な季節は春です。新生活前にお住まいも綺麗にしておきましょう。