広島市安佐北区で苔やカビが生えた屋根の塗装リフォーム無料診断を行いました。

 

写真から分かるように、カラーベストの屋根材に青い苔が生えています。

また、表面の黒い塗装も剥がれ、緑色や茶褐色のカビも生えています。

こちらのお住まいのような屋根の種類を、カラーベスト屋根と言います。

一般的な瓦などの陶磁器に比べて約半分の軽量さであり、

施工のしやすさやデザインの豊富さから

現在では新築、リフォーム問わず幅広く使用されています。

ケイ石やセメントが主原料であり防水性がないため、塗装をすることで防水性が補われます。

 

今回は、カラーベスト塗料の耐用年数を過ぎ、

塗膜が劣化により剥がれ屋根材が雨水を含んだことから、苔やカビが生えたと考えられます。

このまま放置していますと、どんどん雨水を含んでいき

屋根材が脆くなり欠けたり割れる恐れがあります。

更に欠けや割れた部分から、屋根内部に雨水が入り込む事で木材で出来た構造体が腐敗し、

屋根の内部や天井のクロスにシミができるなどの雨漏れが発生する可能性があります。

 

今回の場合は幸いにも、天井の内部にまで雨水が行き渡っておらず

屋根材の欠けや割れも見られませんでした

劣化が軽度であれば屋根の塗装工事をすることで、

屋根の機能として最重要な防水性も回復し、美観も新築時のように綺麗になります。

しかし重度の場合には工期も長くなり、費用の相場も倍以上異なる

屋根の葺き替えや、上から新しい屋根材を被せるカバー工法といった補修が必要となります。

 

屋根の劣化は日常生活の中では気付きにくいですし、

慣れていない方が屋根に登るのは、落下の恐れもあり大変危険です。

定期的に専門の方に見てもらい劣化に早めに気付き処置できるようにしましょう。

 

ここ数日、天気の良い日と悪い日が交互にあり不安定な気候ですね。

この季節は、気温も日々変動が激しく服装も悩ましいです。

体調も崩しやすい気候なので、くれぐれもご自愛くださいね。