広島県廿日市市で塗装が剥がれた屋上の防水塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事名:屋上防水補修工事
使用塗料:パワーシーラー他
築年数:25年前後

 

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

防水塗料の剥がれや目地部分に浮きが見られた為、

屋上防水塗装工事を行いました。

 

お住まいのメンテナンスにおいて

屋根や壁と異なり、屋上はなかなか目が行き届かない場所でありながら

最も風雨や紫外線の影響を受けます。

また、防水工事などのメンテナンスを怠った場合

防水層が剥がれ、雨水が建物に侵入してし

劣化が進むことで耐久性が損なわれ

腐食やカビの発生し、お住まいの寿命を縮めてしまいます。

防水工事は10年を目安に行うことが理想です。

定期的なメンテナンスを受け、雨漏りなどの被害を未然に食い止めましょう。

 

工事開始です。

まずは高圧洗浄機によって床面に付着した苔や埃などの汚れを落とします。

高圧洗浄とは専用の機械を使って水を噴射し、水圧で汚れを剥がし取る洗浄方法です。

屋上防水工事の際はまず表面を綺麗に施工しなければ塗装をしても意味がありません。

この方法は短時間で効率的に塗装面を綺麗にすることができることが利点ですが、

下地の傷みが酷い場合は表面が剥がれてしまうことがあるので

作業前は塗装をする箇所が傷んでいないかしっかり確認しておきます。

コーナー部分や排水溝にシーリングを充填します。

塗料や水が屋内に侵入しないように隙間部分を充填剤で埋めることで

塗装作業を行いやすくしておきます。

雨漏りトラブルの原因でもっとも多いのが排水溝の詰まりです。

落ち葉や雨水が隙間に溜まって排水不良を起こすと

部品は錆付き、繋ぎ目の部分に穴が開いて内部に雨水が侵入してしまいます。

定期的な掃除や点検で傷みの発生は防ぐことはできますが、

錆付きが酷い場合は新しいものに交換することもあります。

洗浄後はシーラーの塗布に入ります。

この塗料は外壁材や屋根材などの塗装面に一番最初に塗り、

上に塗る塗料の密着性を高める効果があります。

上塗り材には吸着性が無いので塗料をしっかり塗り込むためには

この下地処理をどれだけきちんと行っているかにかかっています。

ローラーで表面が濡れているように見えるまで規定範囲内で数回塗ります。

シーラーには水性系と溶剤系があり、仕上げに塗る塗料と同じ性質のものを

塗布しなければなりません。

見積書に記載されている塗料の種類をしっかり確認しておきましょう。

下塗り後、塗料を乾燥させましたら

ウレタン防水塗料をローラーで塗布していきます。

液体状のウレタン樹脂を複数回塗り、

繋ぎ目の無い防水層を作りあげることで雨水の侵入を防ぎます。

この塗膜の塗装は防水工事の中でも安価で耐久性が高く、

どんな形状の場所でも使用ができるなどの特徴があります。

また、5~6年ごとにトップコート(塗装の表面に塗るコーティング材)を再塗装することで

15年程度防水効果を保持できることも利点の一つです。

仕上げに防水層を紫外線から守るためのトップコートを塗りましたら工事完了です。

 

屋上の劣化症状には、

・天井が雨漏りしている

・コンクリートに雑草が生えている

・目地の割れ、破損

・防水層が剥がれている

などがあります。

このような傷みは下地が劣化しているサインです。

症状が軽いうちに補修を行うと既存の防水層を生かした工事ができるので

費用を安価に済ませられます。

劣化を早期発見する為にも

専門の業者によるメンテナンスを定期的に行いましょう。

 

東日本大震災から8年が経ちました。

私たちが普段過ごしている当たり前の日常がいかに大切なのか

心に刻んでおきたいですね。