広島県広島市安佐北区で塗膜の表面が劣化した外壁の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事名:外壁塗装工事
使用材料:強化シーラー、セラミシリコン他
築年数:15年前後

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

外壁の色が退色し、劣化症状の一つであるチョーキング現象ひび割れが目立っていた為、

外壁の塗り替え工事を行いました。

 

チョーキング現象とは外壁を触った際に白い粉が付着することを言います。

これは壁が傷んでいるサインの一つで築10年程のお住まいに見られます。

発生原因は紫外線や雨、湿気などによって

塗料の中の合成樹脂が分解され塗膜が劣化し、塗料の中にある

外壁に色を付ける成分「顔料」が粉化してしまうことにあります。

チョーキング現象は、外壁塗料の劣化初期症状の1つです。

この現象が起きたからと言って、すぐ塗り直しが必要なわけではありません。

そろそろ塗装も考えておこう、程度で構いません。しかし、

今回のお住まいの様に、ひび割れや外壁全体が色褪せ始めたら塗り直す時期です。

このような傷みが出ている場合、塗膜が本来持つ耐久性や防水性などの性能が

低下している為、雨水が侵入しやすく、カビや苔が生えてしまいます。

早めに専門家に相談し、適切な補修を行いましょう。

今回は、外壁の塗装工事の様子をご紹介します。

 

工事開始です。

まずは足場を組み、窓やドアなどの塗装箇所以外をビニール等で養生します。

鉄骨などの重い物を高所で組み立てるので

お住まいを傷つけないように慎重に進めます。

このような仮設工事は、近隣への塗料の飛び散りを防ぐだけではなく、

現場で作業する職人さんの安全を保つ為に行います。

塗装工事や外壁工事等は人が行う作業の為、

足元が不安定だと現場の人達も施工に集中できず、

精度の高い仕事を仕上げることが難しくなります。

足場仮設工事は、工事後撤去する為ご自分の財産にはならない部分ですが、

工事の完成度を高める為には必要不可欠な工程です。

軽視せず、工事前にどのように設置するのか確認しておきましょう。

作業前の準備が終わりましたら

高圧洗浄機を使って建物を丸ごと洗浄します。

カビなどの汚れがしつこい箇所は先に除菌剤を塗装し、洗浄して綺麗にします。

外壁に付着している汚れは年数が経っていて落ちにくいので、

強い水圧で削り落とさなければなりません。

洗浄の費用相場は一般的な戸建ての場合だと、

洗浄範囲によって変わりますが外壁と屋根を含めて5万円前後が相場となっています。

見積もりの段階で工程費用が相場よりも高額な場合は注意が必要です。

洗浄後は下地の補修処理を行います。

ひび割れや穴を充填剤で補修し、錆ついた箇所は工具で削ります。

下地処理を終えたら塗装作業です。

下塗りに使う塗料は最短でも4時間の乾燥時間が必要となります。

今回は下塗り塗料に「強化シーラー」を塗布しました。

この塗料を傷みのある外壁に一番最初に塗ることで

上塗り材の吸い込みを防ぎ、壁面との密着性を高める役割を果たします。

仕上げ塗料の耐久性など様々な性能を十分に引き出すためには

この下地処理をしっかり行わなければなりません。

塗装工程の流れは下塗り→中塗り→上塗りと計3回の重ね塗りで塗膜に厚みを持たせます。

下塗り塗料が乾きましたら

仕上げ材「セラミシリコン」の塗装工程に入ります。

塗膜に厚みを持たせつつ、色と艶の調整を行います。

この塗料の特徴は耐用年数が15年と耐久性が高く、汚れが付きにくい為

戸建てやマンション、工場、オフィスなどの施工にも利用されています。

また、他の上塗り材と比べて費用も手ごろな上、

塗膜の剥がれやお住まい内部の結露を防ぐ性質を持つなどの利点があり

多くの外壁塗装業者で使用されています。

塗装工事の際、どんな塗料を使えばいいのか分からないという方はシリコン系塗料を選びましょう。

塗料が完全に乾きましたら工事完了となります。

 

外壁塗装のタイミングはいつがいいのか。

一般的な目安としては築10年で1回目の塗装が必要になります。

外壁塗装に使われる塗料として代表的なものは

アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系などがあり、

それぞれの平均耐用年数は10年です。

お住まいを建てて数年もすると

紫外線や雨、風によって傷みを受け続けた外壁には

汚れや色あせ、塗装の膨れや剥がれなどが現れます。

このような劣化現象が現れているのにも関わらず、

放置し続けると傷みの症状はどんどんひどくなり

補修する際にも高額な工事費用が掛かってしまいます。

一度外壁塗装工事を行ったお住まいも、現状把握も含め専門の業者に診てもらいましょう。

 

トヨタ自動車が月面を走る車の構想を明らかにしたそうです。

月面調査は未知なる部分が多いので

これからも挑戦を続けてほしいですね。