広島市安佐北区で塗膜が劣化した外壁の塗装リフォーム無料診断を行いました。   写真から分かるように、外壁を触ると白い塗料が手に付着します。 このような状態の事を「チョーキング現象」と言います。 また、外壁材とコーキング材の間に隙間が出来ています。 水・砂・セメントを混ぜたモルタルを左官ゴテで塗り付けることで施工されるモルタル外壁と 板状になったサイディングボードを貼る事で施工されるサイディング外壁の 2種類は、一般家庭で使用される代表的な外壁材です。 こちらのお住まいの外壁では、2種類どちらとも使用されていました。   今回、発生していたチョーキング現象はモルタル外壁によく見られる、塗膜劣化の初期サインです。 塗料の中の合成樹脂が雨や紫外線によって分解され、顔料が粉上になって表面に現れます。 下地のモルタルには防水性がないため、塗膜が劣化により剥がれていくと どんどん下地に水分が行き渡り、脆くなる可能性があります。 また、コーキング材は主にサイディング外壁の隙間を埋める役割を果たしています。 コーキング材は紫外線に弱いシリコンやポリウレタン性の素材であるため、 経年劣化により収縮やひび割れが生じやすいという特徴があります。   これらの劣化症状を放置すると、 モルタル外壁部分が剥がれ落ちてしまったり コーキング材と外壁材の隙間から雨水が入り込むことで 構造体の腐敗や腐食を進行させたり、湿気を好むシロアリをおびき寄せる恐れがあります。   今回のようなチョーキング現象の補修方法としては 高圧洗浄をして、しっかりと古い塗膜や塵、埃を除去した後 仕上げに下塗り・中塗り・上塗りと計3回の塗装をします。 また、劣化した既存のコーキング材を除去し、新しいコーキング材を充填します。 これらの補修を行うことにより外壁の防水性も回復しますし、美観も新築時のように綺麗になります。   外壁は目に付きやすく、劣化に気づきやすい箇所です。 特にチョーキング現象やひび割れは専門的な知識がなくても 簡単に確認できますので定期的に確認し、外壁からのSOSに気づいてあげましょう。   本日3月13日は1が3で挟まれている(サンド1=サンドイッチ)という事から、 サンドイッチデーだそうです。 パン屋さんやコンビニエンスストアでサンドイッチを見かけると、 美味しそうで、つい手が伸びてしまいそうになりますよね。 好きな食材を挟んで贅沢なサンドイッチを作ってみるのもいいですね。