広島県廿日市市で黄色い錆が目立つカラーベスト屋根の塗装リフォーム工事を行いました

工事情報

工事内容:カラーベスト屋根塗装工事 使用材料:パワーシーラー、ナノシリコン他 築年数:43年前後 【工事前】 【工事後】

工事の様子

カラーベスト屋根に黄色い錆やカビ、塗装の剥がれが見られたた為、塗装工事を行いました。 カラーベスト屋根とは薄い板状の屋根を指し、コロニアル屋根スレート屋根とも呼ばれています。 実はカラーベストやコロニアルといった名称は、クボタの屋根材の名称なんです。 一般にはスレート屋根と呼ばれています。しかし、クボタのスレート屋根が普及したこともあり、 「カラーベスト屋根」と呼ばれることも多くなりました。 このカラーベスト屋根、薄く軽量にも関わらず耐久性や耐火性、耐熱性が高く 屋根劣化の原因の一つである湿気にも強いという特徴があります。 また、価格も金属屋根と瓦屋根の中間ほどで家計にも優しい屋根材となっており、 今では多くのお住まいで使用されています。 しかし、カラーベストなどの屋根材では屋根材の上に塗装を行う為、 定期的な塗り替えが必要となります。 特に塗料によって耐熱性や防水性を補っていることから、塗り替え目安は約10~15年とされています。 これはあくまでも目安ですので、お住まいの環境や気象状況によっても変わっていきます。 今回は、カラーベスト屋根の塗装工事の様子をご紹介します。   工事開始です。 まず、お住まい全体に足場と保護シートを設置します。 足場は作業する職人の安全を確保するためにも欠かせません。 また、塗料が近隣に飛び散る可能性もありますので全体をビニールの保護シートで覆います。 業者によっては、費用を安くする為足場を組まずに工事をすることもあります。 見積りの段階でしっかりと確認しておきましょう。 設置が終りましたら、屋根の洗浄を行います。 高圧洗浄機による水圧で一気に屋根の汚れを落としていきます。 屋根の洗浄を行うと、一見綺麗そうな屋根でも水が黒く濁ってしまう事があります。 それは、私たち人間の目に見えない埃や砂等の汚れが屋根に付着しているからです。 汚れが付着していては塗料を塗ってもすぐに剥がれてしまいますから、隅々まで丁寧に掃除します。 洗浄後、ケレン掛けを行い高圧洗浄機では落とし切れない錆や苔を手作業で落としていきます。 手間と時間が掛かる作業ですが、 こちらも塗料を綺麗に長期間密着させるためには欠かせない工程です。 その後、塗装工程の1つである下塗りを行います。 下塗りには「パワーシーラー」を使用しました。 下塗りを行うことで、屋根材と塗料の密着性を高めることが出来ます。 また、屋根材にメインの塗料が染み込み、傷んでしまう事を防ぐ役割もあります。 塗装工程の中でも下塗りは最も重要と言われるほど、大切な工程なんです。 下塗り塗料が完全に乾きましたら、メインの塗料を重ね塗りしていきます。 この中塗りと言われる工程は、次に塗る塗料の為の土台を作る役割があります。 下塗り塗料の色を隠し、表面を平らかつ滑らかにします。 絵具を塗る時も、ザラザラな紙より表面がつるつるとした方が塗りやすいですよね。 中塗り塗料が乾いた後、同じ塗料をもう一度上から塗る上塗りを行います。 上塗りでは、中塗りの際に出来た塗りムラを塞ぎ、塗膜に厚みを持たせます。 施工後の美しさは上塗りに掛かっていますので、丁寧に隅々まで行います。 カラーベスト屋根等、板状の屋根材に行われる工程が「縁切り」です。 屋根材には雨水の排水や空気の通り道を確保する為、予め溝が付いています。 しかし、塗装工事の際に塗料がその隙間を塞いでしまい、 雨水が排出できなくなり、空気も通らない事から湿気も溜まりやすくなります。 水分や湿気はお住まいにとって、劣化の原因となりますから注意が必要です。 これらを防ぐ為、再度カッターで隙間を作ってあげるのが縁切りという工程となります。 塗りムラなど最後にチェックし、足場と保護シートを撤去後 工事完了となります。   現在、カラーベスト屋根にも様々な種類が販売されています。 カラーベストの中で最高レベルの耐候性がある「プレミアムグラッサ」、 焼き物のようなグラデーションが特徴的な「グランデグラッサ」、 遮熱効果に拘った「遮熱グラッサ」など、 お住まいの環境やデザインに合わせた物も多く販売しています。 塗装工事ではカバーできない場合、屋根全体を交換する葺き替え工事をすることもありますので、 その際により機能や見た目に拘ったカラーベストを選択してみるのもいいかもしれませんね。   山口県の大学や高校の内定率が、1995年以降過去最高に良かったそうです。 景気回復もあり、人手不足な企業も多かったことが理由の一つとして挙げられていました。 しかし、身近な食品の値上げや消費税増税等もあり 景気が回復していると中々実感が湧きません。 春から社会人になる彼らに頑張ってもらって、日本の経済が良い方向に向かうといいですね。