広島市南区で剥がれ落ちた外壁の修理リフォーム無料診断を行いました。

 

先日、お客様から

「外壁にひびや剥がれている部分があり不安なので一度見てほしい」

とのご依頼を受け、早速外壁の無料診断を行いました。

 

確認してみますと、白い外壁に横や縦のひびが大きく入っている箇所がありました。

また、外壁が剥がれ、内部が剥き出しとなっている箇所もありました。

今回、外壁が剥がれ落ちてしまった原因は、

お住まいの内部が鉄骨造りであることが考えられます。

外壁のひび割れから内部へ雨水や湿気が浸入し内部の鉄骨が錆びたことにより、

体積が増え耐えれなくなった外壁が剥がれ落ちてしまったようでした。

外壁のひび割れや剥がれは、外壁が劣化しているサインの為

早めに補修する必要があります。

 

今回の様に外壁にひび割れや剥がれといった劣化症状が見られた場合、

外壁の補修工事を行います。外壁の補修工事では、

高圧洗浄機やけれん掛けを行い外壁を綺麗にした後、

むき出しになっている鉄骨部分に錆び止めを塗ります。

その上からモルタルを塗り形を整え、

ひびの入っている部分はシーリング材を充填する等、ひび割れ(クラック)補修を行います。

下地を整えた後、外壁を下塗り・中塗り・上塗りの工程に沿って塗装を行います。

実は、外壁は小さなものであればDIYで補修が可能です。

上記の述べた手順の様に、補修箇所の油汚れや埃等の汚れをしっかりと落とし、

モルタルやシーリング材を入れ、表面を平らに整えた後、塗装を行えば補修できます。

ここで注意点です。

外壁に油汚れや埃が付着したまま補修や塗装をしてしまいますと、

塗料が短期間で剥がれる原因となります。また、塗料の際に塗料が完全に乾かないまま

重ね塗りを行っても塗膜に厚みを持たせることが出来ず、

本来の機能や効果を発揮できないといったこともあります。

せっかく直したのに、1年も経たず剥がれてしまっては意味がないですよね。

DIYでも補修は可能だがお住まいを長持ちさせるためには色々注意点がある、

というのも覚えておいてくださいね。

 

いざ外壁が剥がれ落ちている、となったら焦りますよね。

しかし、実際の工事内容としてはモルタルを塗って補修するだけで多くの場合、

元の綺麗な外壁に戻ります。焦らず、専門家に相談し適切な補修を行いましょうね。

 

先日は世界の本田圭佑が広島に来ていたので賑わいましたね!

サッカーなどのスポーツは国を問わず、多くの方が熱狂しています。

2020年の東京オリンピックも近づいてきました。

日本代表選手の活躍で私たちも元気をもらえるので、しっかりと応援しましょう。