広島県広島市東区で苔が広範囲に付着している瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。

 

先日、お客様から

「屋根のが目立ってきて気になっている。見に来てほしい。」

とのご相談を受け、早速瓦屋根の無料診断を行いました。

 

お客様は自宅で美容室をされている方でした。

お話を伺うと、お客様をキレイにするお仕事の為

店内は清潔感を重視して普段から気を付けるようにしていたとの事ですが、

屋根等の外観のメンテナンスはあまり行っておらず、

屋根の苔には気づいていたものの、

自分一人では解決できないと悩まれていたそうです。

今回はお客様の知人の方が当社を勧めてくださり、今回ご連絡を頂きました。

屋根を診断してみますと、瓦に赤茶色の錆や苔が目立っています。

棟部分にもオレンジ色の苔が目立ち始めていました。

苔の付着とはただ外観の見栄えが悪くなるだけではなく、瓦屋根の劣化のサインでもあります。

 

苔の生える場所と言えば、どこをイメージしますか。

雨の日のあのじめっとした湿気や水分のある場所ですよね。

つまり、瓦の上に苔が生えるということは、瓦自体が湿気や水分を吸収しているという事です。

吸収しているということは、瓦の表面の塗膜部分の防水塗料が

機能していない事が考えられますよね。

瓦は毎日紫外線や天気が悪い日には雨水などでダメージを一番に受けている為、

外壁よりも劣化しやすい箇所となります。

 

瓦に付着した苔は、ホームセンターなどで見かけるデッキブラシや金たわしで落とすことが可能です。

しかし、落とせるのは「表面」だけです。

屋根材と屋根材の間の小さな隙間にも苔は生えてきますから、これらを落とすことは困難です。

また、屋根材自体が傷んでいる場合や屋根の内部が傷んでいる場合は、

表面の苔を落としてもまたすぐに繁殖してしまいます。

また、屋根の上はその形状により勾配がありますので、

経験がなく慣れていない人が登って掃除をするには危険を伴います。

高所からの落下は骨折など大怪我をする可能性がありますので、

屋根の劣化サインに気付いた際には、専門業者に相談しましょう。

 

今回の様に屋根の上に苔が繁殖した場合は、屋根の塗装工事を行います。

屋根の塗装工事では、塗装前に高圧洗浄機で汚れを洗い流し、

ケレン掛けを行い手作業で汚れを落としていきます。

洗浄後、ひび割れなどがあれば補修を行い、塗装をしていきます。

施工後は、塗膜が復活する為防水性や耐候性も期待できます。

外観も新築時の様に綺麗になりますよ。

 

宮島といえば秋の紅葉を思い浮かぶ方も多いと思いますが

実は桜のキレイなスポットでもあります。

3月中旬となり開花宣言が待ち遠しいですね。

体調をしっかり整えて、キレイな桜を見に行きましょう。