広島県広島市佐伯区で苔やひび割れがある外壁塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事
使用材料:ミラクシーラーエコ、プレミアムシリコン他
築年数:40年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

外壁に苔やひび割れが目立っていた為、外壁の塗装工事を行いました。

外壁の塗り替え目安は一般に10年前後と言われています。

しかし、これはあくまでも目安であることを忘れてはいけません。

塗装の劣化進行はお住まいの立地や気象状況によって、大きく変わってきます。

夏と冬で寒暖差が激しい地域では、

それだけ塗装が受けるダメージが大きく劣化が早くなる、という事です。

 

では、今のお住まいの立地や気象状況に詳しいのは誰でしょうか。

ご家族で言えば長く住んでいるおじいちゃんやおばあちゃん、近隣のお年寄りが思い浮かびますよね。

なぜ、上記の方がイメージされるのでしょうか。

それは、長い時間その地域に住み続けることで地域の環境や場所、立地に詳しくなるからです。

実は、工務店も同じです。地元に長く密着している工務店は、地域環境に詳しく外壁にも

どの塗料が合っているのか詳しく分析しています。

地元工務店の「強み」となりますので、多くの工務店が力を入れています。

長く安心できるお住まいにするには安さ・手軽さだけでなく、

お住まいに合った塗料を選ぶようにしましょう。

今回は外壁塗装工事の様子をご紹介します。

 

今回、1階・2階の外壁を塗装する為、足場と保護シートを設置します。

足場は職人が安全に作業する為に欠かせないものとなっています。

工事の工程は、集中力と技術が必要となりますから足場が不安定では

良い仕事をすることが出来ません。足場を組む料金はかかりますが、

お住まいを良い状態で長く維持していく為に必ず設置しましょう。

設置後、洗浄工程に入ります。

洗浄には、強い水圧が出る業務用の高圧洗浄機を使用します。

一般家庭用として高圧洗浄機は販売されていますが、

業務用と家庭用では水圧の強さが大きく異なります。

外壁には、ちょっとのことでは落とせない

しつこいカビや苔汚れも付着していますのでここでしっかりと落としておきます。

洗浄後、ひび割れや剥がれた箇所の補修を行います。

ひび割れにはシーリング材、剥がれた箇所にはモルタルを塗る等、

表面を綺麗に整えておきます。

塗装前に表面がデコボコしていたら塗りにくいですし、見た目も良くありませんからね。

下地調整完了後、下塗りを行います。

下塗りには「ミラクシーラーエコ」を使用しました。

下塗り(1回塗り)の役割は、外壁材とメインの塗料の密着性を上げることです。

シーラーはプライマーとも呼ばれていますが、フィーラーとは異なります。

名前が似ているのでややこしいですが、

フィーラーは主にモルタルの外壁材にクラックがある場合に使用され、

サイディングには使用されません。下塗りにも種類があることを覚えておきましょう。

下塗り塗料が完全に乾きましたら、中塗り工程へと入ります。

中塗り塗料には「プレミアムシリコン」を使用しました。

中塗りの時に初めて、メインの色が付いた塗料を塗っていきます。

色塗り1回目ですね。しかし、塗料は一度塗っただけでは色のムラや塗り残しが出てきます。

これらをカバーする為に、塗料が完全に乾いた後、上塗りを行います。

上塗りでは、中塗りで使用した塗料と同じものを使用します。

また、二つの段階に分けて塗装を行うことで、塗膜に厚みを持たせます。

上塗りは仕上げの工程となりますので、作業の丁寧さが施工後の美しさに影響してきます。

隅々まで気を配りながら丁寧に塗布していきます。

上塗り塗料が完全に乾き、塗り残しや塗りムラのチェックが終りましたら

工事完了となります。

 

塗装工事は塗料が乾く時間を必要とする為、どうしても工期が長くなってしまいます。

また、塗料の乾燥には工事中の天気が関係しており、

雨の日や曇りの日であれば乾燥する時間が掛かりますし、塗装作業も中断することもあります。

塗装に適している季節の1つが「春」です。

天気も良く気温も安定して暖かいことから、塗料も予定通り乾きやすくなります。

一方、塗装に適さない時期の1つが「梅雨」です。

雨が多い上、湿気も多くなりますから当然ですよね。

春の後には梅雨が来ます。外壁や屋根が気になっている方は、

早めに専門家に相談し現状把握を行い、適切なメンテナンスを行いましょう。

 

ウェザーニュースが、桜の開花や満開を通知するサービスを開始したそうです。

お花見シーズンであっても、いざ予定を決めて行った時に

桜が咲いていなかったら悲しいですからね。

今年はご家族や友人を誘って、満開の桜の下でお花見をしてみるといいかもしれませんね。