広島県広島市安佐北区で漆喰が剥がれた瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。

写真から分かるように、

屋根頂部にある白い漆喰が剥がれ落ち、内部にある赤土が見えています。

また、所々ひび割れ黒カビが付着していました。

屋根の漆喰はその白く美しい見た目と瓦の色味とのコントラストによって、

日本家屋特有の意匠性を演出するだけではなく

屋根内部に雨水が入り込む事を防ぐ、屋根にとって最重要な防水性を補っています。

固く頑丈な素材ですが、地震などの外部からの衝撃や

乾燥収縮を繰り返すことにより、長い年月が経過するとひび割れが生じてきます。

 

今回の場合も、一般的な漆喰の耐用年数である約20年を過ぎ、

ひび割れや漆喰の剥がれだけではなく、

漆喰が雨水を吸収しすぎたことから黒カビが発生していました。

もしこのまま放置しますと、赤土から雨水が屋根内部に入り込み、

木材や鉄骨で出来た構造体の腐敗錆びを進行させたり

天井裏や天井のクロスにシミが出来るような雨漏れが発生する恐れがあります。

 

今回は幸いにも棟部や屋根内部に傷みや劣化症状が見られなかった為、

漆喰の塗り直し補修を行うこととなりました。

補修方法としてはまず、ひび割れたり黒カビの生えた既存の漆喰を綺麗に取り除きます。

次に劣化の状況によっては赤土を補修し、専用のコテで漆喰を塗布します。

漆喰本来の防水性が回復するとともに外観も綺麗になりますよ。

また剥がれ落ちた漆喰は、

屋根の勾配を伝って下に落ちていき、雨樋を詰まらせるケースも多いです。

雨樋が詰まってしまったら、スムーズに雨水が流れず溢れ出ることで

外壁や地盤を傷めてしまう原因にもなりますので注意が必要です。

 

屋根の漆喰や雨樋は、高所にあるため劣化に気付きにくいです。

しかし、慣れていない方が屋根に登るのは、落下の恐れもあり大変危険です。

定期的に専門の方に見てもらって、現状を把握しましょう。

 

もうすっかり春になってきたと思っていましたが、

今日の天気予報では、広島県の北部では雪マークが表示されていました!

春は足踏みをしているようです。冷たい風にお気をつけください。