先日、お客様から

「劣化が酷く、昨年の災害の時は何とか無事だったが、

今後また何が起こるか分からないし、崩れたりしたら大変なので、一度見に来て頂けませんか」

とご連絡を頂き、早速広島市安佐北区で大手塀の無料診断を行いました。

 

写真でも分かるようにこちらのお住いの塀は漆喰塀で、

漆喰が剥がれモルタルや赤土が中から出ており、縦にひび割れした箇所もいくつか見られました。

また、塀の瓦の隙間から草や藻が沢山生え、下部の基礎付近では黒いシミが目立っていました。

そもそも、塀は何の為にあるのかご存知ですか。

自分の土地や所有物を明確にし外的要因から住居を守る為と、

周りの景観を損なわないように住居の周りを囲い、屋外でありながらプライベートな空間をつくる、

そんな役割が塀にはあります。

一般の住宅でよくみられる塀は

コンクリートブロックを組んで積み上げて作るブロック塀や

現場で型枠へコンクリートを流し込んで作るコンクリート塀、

日本の伝統的手法、竹を使ったもの等と色々種類はあります。

こちらのお住いのような大手塀は、

漆喰を用いた昔からある塗り壁で作られていました。

漆喰自体の耐久年数は約100年とも言われていますが 、

年月が経つと漆喰のアルカリ性が失われていき、

上の写真の用にカビや苔が発生してしまいます。

カビや苔が発生している=塀が劣化してる

というサインとなります。

塀は毎日のように、直射日光や雨風を受けているので劣化を防ぐことはできません。

欠けやひび割れがあると、そこから雨水などが侵入して

更に劣化が進んでしまうおそれがある為、注意が必要です。

今回の様な漆喰の剥がれやひび割れには、漆喰の塗り直しを行います。

漆喰が剥がれている箇所では、予め補修箇所の周辺を削ぎ落し、モルタルで表面を整えます。

また、ひび割れにはシーリング材を充填しておきます。

モルタルが乾いた後、下塗り材などで表面を整え漆喰を塗布していきます。

漆喰は絵具の様に塗りやすいものではありません。

凹凸なく綺麗に塗るには職人の技と経験が必要となります。その後、塗料が乾き次第施工完了となります。

 

これから、広島県にもいつ地震や災害が起こるか分かりません。

安心して、暮らせるように早めに専門家に相談しておきましょう。

 

昨晩、ものすごい大きな落雷の音で目が覚めました。

私が今まで経験した中で一番の落雷の音だったように思います。

一体どこに落ちたのでしょう。落雷による被害が出ていないか心配です。

雨や曇りの日に空が光っていたら大変危険です。

出来るだけ外出は避けて室内で過ごしましょう。

室内での楽しい過ごし方を今からでも考えるとわくわくしますね。