広島県広島市佐伯区でひび割れや色褪せが見られる外壁の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事名:外壁塗装工事
使用材料:ミラクシーラーエコ、プレミアムシリコン他
築年数:40年前後

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

外壁にひび割れ色褪せなどの劣化症状が見られたため、

塗装工事を行いました。

 

外壁は基材の上に塗料が塗ってあり、表面は塗料の膜で覆われています。

この塗膜は時間が経つと徐々に艶が無くなり、

下地との密着力も低下し脆くなります。

塗料の付着力が落ちた外壁は雨や日光の影響を受けやすくなり

ひび割れや剥がれ等の劣化症状が見られる様になります。

外壁に亀裂などの症状が見られた場合は、

まず傷みの状態を自分の目で確認する必要があります。

事前にあなたの目で見ておくことで、工事中もどのように補修しているのか

チェックすることが出来ますので、

まずは専門の知識がなくても分かるひび割れている場所を把握しておきましょう。

今回は外壁の塗装工事を行いました。

 

工事開始です。

まずは足場と保護シートを設置します。

塗装工事では同じ場所を何度も行き来して

洗浄や塗装などの作業することがあります。

ぐらついて揺れたり、高さが不十分な足場では丁寧な工事は

出来ませんので作業のしやすい環境を用意しておきます。

高圧洗浄機で外壁全体の苔や埃、古い塗膜を洗浄します。

汚れは壁だけでなく、アルミサッシなどにこびりついていること

も珍しくありません。

高圧洗浄作業ではそのような場所も洗い流しておきます。

この工程の目的は外壁を綺麗にするだけでなく、塗装した塗料の剥がれを防ぐことにもあります。

中には洗浄作業を行わない業者もいますので注意しておきましょう。

洗浄後は壁面に付いた水分を乾燥させるため、

1日程時間を置かなければなりません。

乾燥後は壁の補修を行います。

ひび割れている箇所に電動工具で溝を掘り、

充填材で埋めて表面を滑らかにしておきます。

上記のような下地調整を経て塗装作業に入ります。

まずは「下塗り」で接着材の役割を果たすシーラーを塗り、

仕上げに塗る塗料をしっかり密着させるための下準備を行います。

シーラーによる塗装が終わりましたら、中塗り、上塗り作業に入ります。

この工程では同じ塗料を使用するのが基本で

下塗り材のコーティングと外壁に色を付ける為に2回塗料を

塗らなければなりません。

今回は「プレミアムシリコン」を塗布しました。

耐用年数が14年~16年と長く、

地味な色合いから目に付く色まで様々な色が揃っている事が特徴の仕上げ材です。

塗装後の塗料が完全に乾いたことを確認したら、

養生で使用していたシートと足場を撤去し工事完了となります。

 

工事の見積もりを取ったことがある方なら

ご存知かもしれませんが、外壁塗装工事の場合、

それぞれの会社で提示される工事の費用が異なります。

同じ内容でも金額が違う理由は業者によって使用する塗料が違っていたり、

傷みの補修方法の違いにあります。

例えば、一般的な外壁塗装工事は下塗り1回というのが

標準ですが、壁の状態が悪ければ補修作業と2回の下塗りが

必要になります。

見積もり書の金額の詳細をしっかり教えてくれかどうかも、

優良工務店と判断するポイントの一つです。

壁の汚れやひび割れが気になる方は、まず専門家に相談するところから始めてみましょう。

 

京都のイタリア料理店で

ブランド牛肉である亀岡牛を使用した

料理教室が開催されたそうです。

このニュースのように地元をPRするイベントが

どんどん増えていってほしいですね。