広島県広島市南区でひび割れたベランダの補修リフォーム無料診断を行いました。

先日、お客様から

「自宅のベランダひびが入って不安なので一度見てほしい」

とご依頼を頂き、早速ベランダの無料診断を行いました。

 

ベランダを確認すると、確かにひび割れの傷みが生じている箇所が確認できました。

大きくひびが入り、緑色の塗装も剥がれてきています。

また、ひび割れ浮いている箇所も確認できました。

浮いている塗膜部分の下にはモルタルで施工されていますが

モルタルのすぐ下は木材の合板です。

塗膜が浮いているこの状態を放置してしまいますと、

隙間から雨水が内部へ侵入し、ベランダ下の室内が雨漏れしてしまいます。

雨漏りすれば室内の天井が浮いてしまう、天井に雨シミができてしまうといった被害が出てきます。

 

雨漏り、と聞くと屋根をイメージしますが、

実はベランダから雨漏りした、というケースも珍しくありません。

ベランダの防水には、多くの住宅で防水塗料が使用されています。

この防水塗料の目安は約10年前後と短く、メンテナンスを怠れば劣化しやすくなります。

塗料は定期的に塗り直さなければ、その塗膜は徐々に剥がれて塗料下が剥き出しになってしまうのです。

本来であれば塗料で雨水等を守らなければならないのに、

剥き出しになっていたらどんなに性能の良い塗料であっても守ることなんてできませんよね。

毎日洗濯物や布団を干す為に使用するベランダですから、

ひび割れや塗料の剥がれを発見してもついつい「後で・・・」と思ってしまいます。

その「後で・・・」が遅くなればなるほど、雨漏りする可能性は高くなります。

毎日使うからこそ、セルフチェックは簡単です。

酷いひび割れや塗料の剥がれを発見したら、早めに専門家に相談しましょう。

 

今回の様にベランダの塗料が剥がれてしまった、ひび割れが出来てしまった場合には、

ベランダの補修工事を行います。

ベランダの補修工事では浮いている箇所を、

スクレーパーというヘラのような形をした工具でキレイに剥がし、

凹凸のある床をモルタルで平らに整え、防水塗料を塗ります。

塗料が完全に乾けば工事完了となります。

 

日が長くなり、以前よりも一日が長く感じるようになりましたね。

4月からの新生活に向け、色々忙しくしている方も多いのではないでしょうか。

本日広島県では雨も降り、肌寒く感じています。

花粉のみではなく体調管理にはくれぐれもお気を付けくださいませ。