広島市安佐北区で苔が生えた瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。 写真から分かるように、 瓦屋根の広範囲に緑色や茶褐色のが生えています。 また、黒色の瓦が色褪せ塗装が薄くなっています。 こちらのお住まいのような屋根材を、セメント瓦といいます。 セメントと砂が原料であり、色・形のバリエーションの豊富さや 屋根材の中でも低コストな事から人気の屋根材の一つとなっています。   しかし、原料であるセメントや砂には屋根の機能にとって最重要な防水性がありません。 セメント瓦のような屋根材を使用する場合、屋根材の上から塗装を行います。 色味や美観だけでなく、防水性も塗料によって補われています。 約10年~15年の定期的な塗装のメンテナンスが必要であり 今回の場合も塗膜の耐用年数が過ぎたことにより色褪せ、 防水性が劣化したことから屋根材が水を含んでいき、苔が生えた事が考えられます。   もしこのまま放置してしまいますと、 雨水を含みすぎた屋根材は脆くなり割れやすくなる等、急激に劣化が進みます。 割れた瓦が台風などの強風時に飛散したり、隙間から雨水が内部に入り込むことで 木材や鉄で出来た構造体の腐敗を進行させたり、酷い場合には雨漏れが発生します。   今回の場合は、幸いにも表面の塗膜の劣化のみで 雨漏れや瓦材の傷みなどは見られませんでした。 今回の様に屋根の劣化が軽度であれば、塗装前に高圧洗浄機やケレン掛けで綺麗にし、 ひび割れ等を補修した後、塗装を行うことで防水性だけでなく、 外観も新築時のように綺麗になります。 また、塗り直す際にこれまでと違う色味にして お住まいのイメージチェンジをしてみるのもいいですね。   もし劣化が重度であった場合は、 屋根の葺き替え工事や、新しい屋根材を上から被せるカバー工法が必要となります。 上記のような工法となると、塗料工事よりも工期も長くなりますし、費用の相場も倍以上なる等 家計にも負担をかけることとなります。 被害を最小限にする為、定期的なメンテナンスをしておきましょう。 メンテナンスを定期的に行うと、 セメント瓦の一般的な耐用年数である約30年~40年を更に伸ばすことも可能です。 屋根は生活の中で目の届きにくい箇所なので、 専門の方に見てもらいお住まいの健康寿命を延ばしましょう!   100年前この時期に 日本で初めて広島で洋菓子のバウムクーヘンが紹介されたそうです。 これを記念し、全国のバウムクーヘンを集めた催しが 広島市の「そごう広島」で開かれています。 バウムクーヘンが広島に縁があるとは、驚きですね。 全国のバウムクーヘンが見られる機会はなかなかありませんので、 祝日もある今週にでもご家族で楽しまれてはいかがでしょうか。