広島県広島市南区で漆喰の剥がれた瓦屋根の補修リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根漆喰塗り替え工事
築年数:25年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

瓦屋根の棟にある漆喰にひび割れや剥がれが目立っていた為、漆喰の塗り替え工事を行いました。

漆喰を塗っている屋根とは、どんなイメージがありますか。

おじいちゃんやおばあちゃんの家、親戚、近所・・・共通点はありませんか?

それは、

 

瓦屋根

 

ということです。

瓦屋根は他の屋根材と異なり、一枚一枚並べて作られています。

その為、瓦が一枚だけ破損した場合では、その一枚だけ交換すればいいといったメリットもあります。

これらのメリットもあってか、瓦屋根の寿命は「長い」イメージがありますよね。

実際にメンテナンス回数も塗装をしている屋根よりも少ないですし、

瓦自体も丈夫なため中々劣化しづらいといった特徴があります。

しかし、ここで注目するポイントは「漆喰」です。

漆喰は棟の瓦同士を繋ぎ止める役割の他に、棟や屋根の内部の雨漏りを防ぐ役割があります。

瓦屋根には欠かせない重要な漆喰ですが、

塗料と同じく長期間雨や風、紫外線に晒され続けると劣化し剥がれてしまいます。

漆喰の塗り替え目安は15~20年前後と短く、ひび割れや剥がれが見られたら塗り替えの時期です。

塗り替え時期を見逃さないよう、定期的にメンテナンスを行いましょう。

今回は漆喰の塗り替え工事の様子をご紹介します。

 

まず、新しい漆喰を塗る前に、古い傷んだ漆喰を撤去します。

古い漆喰が残ったまま、新しい漆喰を塗ってしまいますと

表面に凹凸が出来て見た目が悪くなるのは勿論、

凹凸が出来てしまい、短期間で漆喰が剥がれる原因となります。

漆喰内部の赤土も一緒に落とさないよう、丁寧に撤去作業を行います。

古い漆喰を撤去後、新しい漆喰を塗っていきます。

漆喰塗りは一見誰でも出来る簡単そうな工程に思われますが、実は難しい工程の1つです。

漆喰は絵具の様にサラサラとしていない為、均等に塗りこむことが困難です。

また、漆喰を適量以上に塗ってしまうと漆喰が雨風に当たりやすくなり、

こちらも漆喰が剥がれる原因となります。

反対に、適量よりも少なく塗ってしまうと漆喰が劣化した際に

内部の赤土が見えやすくなります。

シンプルな作業こそ、職人の技や経験が必要となるのです。

漆喰を塗り終えた後、瓦調整に入ります。

長年の雨風や飛来物によって、瓦がずれることがあります。

漆喰のみではなく、このように屋根全体を見て調整を行います。

漆喰が乾きましたら、工事完了となります。

 

白く綺麗な漆喰を見て新築を思い出しますね。

漆喰はきちんと補修をすることで、また20年間お住まいを守ってくれます。

長くお住まいを守っていく為には、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

あなたの健康診断の様に、お住まいも定期的に診断を行い

現状把握とメンテナンスを心掛けましょう。

 

先日、島根県で高校2年生が模擬選挙を行ったそうです。

選挙は18歳からですが、学校で学ぶ機会も少なく

始めての投票に行ったときはドキドキした思い出があります。

選挙に投票して、改めて今の暮らしや政治を考えるようになりました。

将来を担う彼らにも、政治についてもっと学んでもらい、

今よりもいい日本にしていきたいですね。