東広島市でズレている瓦屋根の補修リフォーム無料診断を行いました。 先日お客様から、 「瓦屋根の瓦がずれているので一度見に来て欲しい」 とのご依頼を頂き、早速瓦屋根の無料診断を行いました。   お客様のお住まいは昔ながらの木造2階建てであり、立派なお住まいでしたが 依頼のあった屋根を確認しますと、のし瓦が大きく前にずれている箇所がありました。 のし瓦のは本来、外壁に伝わった雨水を屋根に流れるようにする役目があります。 しかし、このようにズレていると内部へ雨水が侵入する可能性があります。 また、強風で飛んでしまったり、落下する事を考えると不安になりますよね。 また、反対にあるのし瓦にもズレが生じていました。 のし瓦は棟の造りの一部になります。のし瓦の下には屋根瓦が敷かれていますが この屋根瓦と棟だけでは雨水が侵入しやすい為、 のし瓦を設けて、適切な場所へ雨水が流れていくようにしています。 しかし、写真の様にのし瓦にズレが生じてしまうと隙間から雨水が侵入してしまいます。   今回の様に棟ののし瓦に大きなずれが生じ、漆喰の剥がれている箇所も多くあった場合、 棟の積み直し工事を行います。既存の棟を撤去し、内部の防水紙などを新しいものと取り替えます。 その後、再度棟を防水紙・桟木や赤土・漆喰・棟瓦の順に設置していけば工事完了です。 漆喰も新しく塗り替えるほか、赤土や防水紙も交換する為、 防水紙や赤土に雨水が吸収されていても雨漏りする心配はありません。 また、現在の棟の積み替え工事では赤土を桟木に取り替えることも行っています。 以前は防水紙の上に土を盛って棟を形成していましたが、 土の重さ分の重量が屋根に掛かり耐久性が低下すること等から、 赤土部分を桟木と呼ばれる木材に交換しています。 木材であれば土よりも軽くなりますので、屋根に掛かる負担も軽減させることができます。 時代と共にリフォームの工法も変わってきます。今のお住まいにあったベストな方法を選択しましょう。   九州では本日が桜の開花宣言をされているようです。 今週は少し気温も上がり過ごしやすい季節になってきましたね! 明日は春分の日で祝日です。ご家族で花見に行くのもいいかもしれませんね。