広島県廿日市市で漆喰のひび割れや剥がれが目立つ瓦屋根の修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事名:瓦屋根漆喰補修工事
築年数:45年前後

 

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

瓦屋根の漆喰にひび割れや剥がれなどの傷みが見られた為、

漆喰の塗り替え補修工事を行いました。

 

瓦屋根の漆喰補修は全ての屋根材に必要な工事ではなく、

屋根瓦で棟を積んでいる屋根や壁際に施工します。

30年以上前の瓦屋根の場合、ほとんどの棟や壁に漆喰が使われているので

年数が経つことで漆喰が黒く変色したり、ひび割れや剥がれなどの症状が現れます。

漆喰に亀裂が入ったり、剥がれてしまうと

傷んでいる箇所から雨水がしみ込み、

お住まい内部が雨漏りする危険性があるので、

劣化の症状が見られたら塗り替えを行いましょう。

今回は瓦屋根の漆喰塗り替え工事を行いました。

 

工事開始です。

まずは劣化した既存の漆喰を全て取り除いておきます。

古いものが残っていると新しく塗り替えてもすぐに傷み剥がれてしまうので、

下地の葺き土が見えるまで剥がします。

漆喰は他の屋根材と同様に風雨や直射日光を受け続けることで

時間とともに劣化していきます。

傷みの症状が目に見える形で出ている場合はすぐに塗り替えが必要なサインです。

定期的に確認しておきましょう。

漆喰が均等に塗れるように葺き土を調整しておきます。

塗り替えの際にしっかりと定着するようにスプレーで下地を濡らします。

雨水がこの葺き土に侵入すると

下地が痩せて漆喰や瓦との接着力が低下してしまうので、

漆喰の塗り替えの際には必ず下地の状態を確認します。

新しい漆喰を詰めていきます。

塗り替えの際に漆喰の量が適切でないとすぐに剥がれる原因となります。

漆喰の量が多ければ雨風に当たりやすくなり、少なければ葺き土が露出してしまう等

雨漏りへと繋がってしまうのです。

漆喰を長く保つ為には、写真のように細かい所まで隙間無く均等に塗り、

表面も滑らかに均す必要があります。まさに職人技の見せ所ですね。

全ての漆喰塗りが終わりましたら工事完了となります。

 

防水材を充填する金属屋根の修繕工事に比べて

日本瓦の漆喰補修工事は費用がやや高くなります。

漆喰の塗り替えは瓦の知識と工事の経験、

左官としての技術も必要になるため、

補修ができる職人が少なく、工事費用も高くなります。

特に塗り替えの技術はお住まいだけでなく、

漆喰の寿命にも大きく影響するので

漆喰が雨水に触れる面積を減らし、薄く均等に塗らなければなりません。

修繕費用を考えた場合、剥がれやひび割れなどの傷みは

傷みが酷くなる前に直すほうが安く済ませることが出来ます。

まずは専門家による診断を依頼しましょう。

 

小惑星りゅうぐうに水を含んだ鉱物があることが発表されました。

今回発見した石を分析すると海の起源に迫れるそうなので

一日でも早く解明してもらいたいですね。