広島市安佐北区で漆喰が剥がれ落ちた瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。 写真から分かるように、屋根の頂部にある漆喰が屋根の上に剥がれ落ちています。 また、白い漆喰に黒カビが付着しています。 屋根の頂部、棟部にある白い漆喰は日本家屋特有の美しさを演出しています。 そのような美観だけでなく、瓦同士を接着する役割や 屋根の内部に雨水が侵入しないように防ぐといった お住まいを守る重要な役割を果たしています。   しかし、漆喰の乾燥収縮を繰り返す性質により、 長い年月が経つとひび割れが生じやすくなります。 今回はこのようなひび割れが生じた後、剥がれ落ちた事が考えられます。 また、一般的な漆喰の耐用年数である約20年を過ぎていた事から 乾燥が追い付かず、どんどん水分が含まれていき黒カビが生えたと考えられます。   これらの劣化症状を放置してしまうと 屋根の内部の赤土や構造体、屋根裏まで雨水が入り込んでいき 鉄や木材で出来た構造体が腐敗したり、 屋根裏や天井のクロスに雨染みが出来てしまうような 雨漏れが発生する可能性があります。   今回の場合は幸いにも、漆喰の傷みや剥がれなど 劣化の初期症状の段階であった為、漆喰の塗り直し回復が可能です。 補修方法としては、まず傷んだ既存の漆喰を剥がします。 次に内部の赤土の必要な箇所は補修をし、 上から専用のコテを使って新たな漆喰を塗る事で 美観だけでなく、防水性も新築時のように回復します。   また、今回のように剥がれた漆喰が屋根の勾配を伝って落ちていき 雨樋を詰まらせてしまう可能性があります。 雨樋は屋根に落ちた雨水をスムーズに流す役割を果たしている為 漆喰やゴミなどが溜まり雨水が雨樋から溢れ出てしまうことで、 外壁や基礎が傷むといったケースが多発しています。   屋根や雨樋は高い位置にあるので 普段、暮らしの中では目に付き辛く劣化にも気づきにくいです。 しかし、慣れない方の高所での作業は、落下の恐れもあり大変危険です。 定期的に専門の方に見てもらうことで、安心して毎日を暮らせるようにしましょう。   宮島では、いよいよ桜が咲き始めたようです。 4/2頃が広島市では満開になるという予想もニュースで流れていました。 いよいよ春本番ですね!この土日、お出かけされる方も多いと思いますが 不安定な天気が続いているので、折り畳みの傘など持って行かれると安心ですね。