広島県廿日市市で老朽化したシステムキッチンの取り換えリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:システムキッチン改装工事
築年数:25年前後

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

今回のお客様は老朽化したキッチンのリフォームを検討されていました。

長年、使い続けるにつれ油汚れなどのしつこい汚れが取りにくくなり、

後から設置した食器洗い乾燥機もスペースを取り、不便さ感じるようになったそうです。

今回は、お手入れが簡単で収納数も多く食洗器も入っている

リクシルの「システムキッチン シエラ」への取替工事を行いました。

キッチンのリフォームって大きなリフォームの1つですが、

水廻りリフォームの中でも多くのお住まいで行われています。

リフォームする理由は様々で、設備が古くなったことや

スペースが狭く不便さを感じている事などが多く挙げられています。

あなたに合うキッチンとはどんなキッチンでしょうか?

目的や理想は人それぞれ違います。

自分が求めるキッチンがイメージできないという方も、

固まっているけど気になるという方もショールームへ足を運んでみましょう。

リフォームを希望する人が多い分、各メーカーは新しい機能を持ったキッチンを常に売り出しています。

触れる、体験するだけでも楽しいですよ。

この週末にでもご家族で訪れてみてはいかがでしょうか。

今回はそんなシステムキッチン設置工事の様子をお伝えします。

 

まず、既存のキッチンを撤去し、給排水管工事を行っていきます。

取り付けるキッチンによって給水・給油・排水配管の位置が変わるので

新しい機器の配置に合わせ取り付けを行います。

キッチンパネルを貼る下地を作ります。

寸法に合わせて切った合板を専用のボンドで貼ります。

ボンドで一旦貼り付けると剥がすことができず、

一発勝負となるので慎重に貼り付けます。

合板の上からキッチンパネルを取り付けます。

近年は目地が汚れやすくお手入れが難しいタイルに変わって、

耐火性が高く、油や匂いが付着しにくいキッチンパネルが主流となっています。

キッチン全体を据え付けていきます。

システムキッチンはパーツごとに分かれて納品されるため、

現場で一から組み立てていきます。

下箱を作り、

天板とコンロ、レンジフードを取り付けていきます。

ここまで完成しますとずいぶんとキッチンらくしくなってきましたね。

天井のクロス貼りなどの最終仕上げを行ったら工事完了です。

キッチンはお手入れ次第で15〜30年と長く使う事が可能です。

しかし、コンロや食洗機器、給湯システムなどは

使っていくうちに徐々に故障や不具合などが目立つようになります。

キッチンは毎日使う大切な場所です。

何か不具合が見られたら早めに専門家に相談しておきましょう。

 

三原市で中学生が防災の知識や技術について学んだそうです。

昨年の西日本豪雨災害もあって、広島県でも災害に対して学ぶ機会が増えました。

いざという時に自分や家族を守れる技術や知識があると安心できます。

ひとりひとりが災害を他人事と思わず、中学生たちのように

真摯に学び今後に生かしていきたいですね。