広島県北広島町で塗装が剥がれたカラーベスト屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。

 

写真から分かるように、黒い屋根の塗装が剥がれ所々色が薄くなっており、も生えています。

また、特に屋根材の端は剥がれが酷く、内部にまでも傷みが見られました。

こちらのお住まいのような屋根をカラーベスト屋根と言います。

カラーベスト屋根とは、セメントやケイ石を原料としており

和瓦などの陶器瓦と比べて重さが約半分と軽い為、耐震性に優れています。

また、スマートなデザインであり洋風な住宅にも合うといった理由から

近年、多く選ばれている屋根材の一つです。

しかし、塗料の耐用年数は約10年であり、

この頃から今回のような塗膜の劣化が見られ始めます。

屋根材の原料であるセメントには防水性がなく、塗装によって防水性も補われています。

今回も、雨水などの水分が含まれた事によって

屋根材が脆くなり傷み、苔が生えてしまったと考えられます。

 

もし、このまま劣化が進行してしまうと

更に塗装の剥がれや苔の発生する範囲が広がります。

また、どんどん屋根材が雨水を含んでいくことで屋根材に割れや欠けが発生したり、

そこから屋根の内部にまで雨水が入り込む事で内部を腐敗させたり、

お住まいの内部が雨漏れする恐れがあります。

 

今回は幸いにも屋根の内部には劣化が見られませんでした。

このような場合は、屋根材の補修と塗り替え工事で屋根の機能は回復します。

補修方法としては、最初に高圧洗浄をすることで苔や古い塗膜を綺麗に除去し

屋根材の傷んだ部分を補修した後に、下塗り2回、中塗り・上塗り2回の合計4回の塗装を施すことで

屋根内部を守る防水性といった機能だけでなく、美観も新築時のように綺麗になります。

 

高い位置にある屋根は劣化に気付きにくいです。

しかし、慣れない高所での作業は足場が安定せず落下の恐れも大変危険です。

今回のカラーベスト屋根の場合約10年など、メンテナンスの時期が近付いたら

専門家の方に見てもらい、安心して毎日を暮らせるようにしましょう。

 

3月も下旬に入り、最近では引っ越し会社の車をよく目にします。

学生の方や社会人の方にとって、新生活のスタートが近づいてきました。

準備などでお疲れが出ないように、くれぐれもご自愛くださいませ。