先日、お客様から

「外壁の隙間にあるシーキングに亀裂が入っているのですが、どうしたらいいですか」

とご連絡を頂き、早速、広島市南区でシーリングに亀裂が入っている外壁の無料診断を行いました。

こちらのお住まいの外壁はサイディングが使用されており、

写真で見て分かるようにサイディングの隙間のコーキング材が肉痩せし、

隙間が大きく開いていました。

サイディングは建物の外壁に使用する外壁材を指し、

工場で成型された板を壁の広さに合わせてカットし、板を貼り合わせて使います。

工場で生産する為品質が安定しており、

施工時間も短く安価で耐水性や耐天候性に優れいる事が特徴です。

また、こちらのお住いの様な壁材を「窯業系サイディング」といい、

近年で最も主流で使用されている外壁建材の一つです。

セメントを主成分とし釜で圧力をかけて高温で熱して、

乾かすことで色々な形に変形させる事もできます。

この様にサイディングは外壁材として優秀な面も多いですが、

建物は自身の歪みや伸縮により日々少しずつ動いています。

その為、外壁材を隙間なくきっちりとくっつけてしまうと、

ひび割れなどが起こりやすくなってしまうのです。

しかし、そうはいっても外壁材と外壁材の間を埋めなければなりません。

この繋ぎ目部分を埋めるために使われているのがシーリングで、コーキングとも呼ばれています。

ゴム製により伸縮性があり建物の微細な変化にも対応できますが、

外壁材と比べどうしても耐久性は低下します。

シーリングの劣化の原因は様々ですが、太陽光を浴び続けたり、雨風に晒される、

地震時に建物が揺れる事で力が加わるなどの原因で劣化して、約10年前後でひび割れが起こるのです。

パネルとの隙間ができることで雨水やカビ菌などが外壁材へと侵入し、

カビや錆、内部腐食等の被害が出てきます。

シーリングが劣化したまま放置してしまうと、建物内部にも影響を与える事にもなるのです。

今回の様にシーリングに劣化症状が見られたら、外壁の補修工事を行います。

その際に既存のシーリングは撤去し、新しいシーリング材を充填します。

外壁材に限らず、シーリングにもひび割れや今回の様な肉痩せの症状が見られたら、

早めに専門家に相談しましょう。

 

春の足音が確実に聞こえるようになりましたね。

今週はぽかぽかとした暖かな日が続くみたいですね。

きっと桜もゴキゲンになって開花が進むことでしょう。

暖かな陽射しに誘われて、週末は家族みんなで春を探しに出かけみてはいかがですか。