広島市安佐北区で経年劣化により色褪せている外壁の塗装リフォーム無料診断を行いました。

先日、お客様から

「外壁が一部色褪せているので見に来てほしい」

とのご依頼を頂き、早速外壁の無料診断を行いました。

 

写真からも分かるように、白い外壁が赤く色あせていることが分かります。

また、外壁に触れたときに粉が付着する「チョーキング現象」も起こっていました。

色褪せをしている事と、チョーキング現象が起きている事から

今回は外壁の塗膜部分の劣化と判断しました。

 

色褪せやチョーキング現象など塗装の劣化を放置してしまいますと、

防水性が失われ雨水や湿気などの水分を吸収してしまい、

建物内部の躯体を腐食させてしまう恐れがあります。

お住まいの耐久性も低下してしまいますので、

地震などの強い衝撃が加わると建物が一部倒壊する要因の一つにもなります。

 

今回のように外壁に劣化が見られた場合、外壁の塗装工事を行います。

外壁の塗装工事では、一度綺麗に高圧洗浄で洗い流し、

ひびなどのクラックが生じている箇所にはシーリング材などを充填し表面を平らに整えます。

下地の補修を終えた後、塗装を行います。外壁の塗装は一度塗るだけではなく、

洗浄後は必ず下塗材を塗り、外壁のメインとなる塗料を2回に分けて塗っていきます。

二度三度と重ね塗りをすることで、耐久性のある綺麗な外壁に仕上がります。

 

外壁はお住まいを印象付けるポイントの一つです。

劣化のサインはチョーキング現象やひび割れ、色褪せなど誰でも分かるものもあります。

外出する時にちょっと気にかけてみて、外壁のSOSに気付くようにしましょう。

 

いよいよ今日からカープの開幕戦ですね。

再び広島が賑わうと思うと今からワクワクしてきます。

時間帯によっては冷え込む事もありますので、お体にはくれぐれもお気を付けくださいませ。