先日、お客様から 「古い浴槽の為、狭いうえに浴槽廻りの凸凹や剥がれが気になります。見に来て頂けませんか」 とご連絡を頂き、広島市廿日市市で剥がれや水垢が酷いシステムバスの無料診断を行いました。   写真からも分かるように浴槽の廻りはでこぼことした窪みや穴が沢山空いていました。 又、床はタイル張りとなっており排水口の周りにはひび割れや タイルの欠けがいくつも見られました。 一般的にお風呂の耐久目安は20年前後と言われています。 ユニットバス・システムバスと、お風呂にも色々な種類があり、 具体的な寿命や交換時期は、使用している素材やお住まいの築年数、 また家族構成によっても異なります。 タイルの隙間にはタイルの落下や水の浸入を防ぐ為のセメントの目地材が埋めてあります。 タイル自体は水を吸収せず半永久的に使用することができますが、 目地材のセメントコーキングは約15~20年前後が寿命だと言われています。 この目地材が経年劣化すると、写真にあったお風呂の床のように 目地のひび割れや剥がれなどの破損が起き、水が床下や壁の内部に浸入してしまう事があります。 大きなひび割れの場合は目につきますが、小さいものだと目で確認することが困難です。 気づいたときにはひびから入った水が床下や壁の内部に行き渡り カビや腐食などの深刻なトラブルになっていた、というのも珍しくありません。 さらに、お風呂は滑りやすく、浴室は「快適」と言えないだけではなく、 高齢者や子どもたちにとって大変危険な場所にもなってしまいます。 最近、よくニュースなどで取り上げられている「ヒートショック現象」などが主な症状です。 寒い冬の日では、暖房の効いたリビングと冷たい廊下の間の大きな温度差ができます。 また、温かいお湯が出る浴室と脱衣所の間にも同様の温度差が出てきます。 お風呂に入った後、脱衣所が入る前より寒く感じますよね。 この急激な温度差に体が対応しきれず、目眩や転倒事故を起こしてしまうのです。 特に、お風呂で転倒してしまった場合、衣服などは身に着けていませんから直接身体がダメージを受けます。 お風呂に入っている間は、異常があってもなかなか家族でも確認が難しく 発見が遅れてしまう、といったこともあります。 温かく快適なお風呂にも危険は沢山ある、ということも覚えておきましょう。 ヒートショックの予防策としては、 脱衣所に暖房器具を設置する等といった寒暖差を無くすことから、 お風呂に入る前に家族に声掛けをする等小さなことでも予防できます。 勿論、浴室をリフォームして床を温かくする等も対策になります。   浴室は毎日のように使う水回りです。 お風呂のカビがひどく目立つ、 壁や床にひび割れがある 排水口のニオイがきつく 水が流れにくくなった。 これらはリフォームサインです。 リフォームサインを発見したら早めに専門家に相談しておきましょう。   今スマートフォンと言えば長方形で画面が大きいものが主流ですが、 折り畳みスマホ、というものも開発されているそうです。 本体価格は10万~29万と高額なようですが、 以前のガラケーのように主流になる日も近いかもしれません。 どんどん新しいスマートフォンが出てきており、 なかなか時代に追いつくのは難しいですが 取り残されないように新しい情報を積極的に取り込んでいきたいですね。