東広島市で苔や塗料の劣化が目立つ外壁の塗装リフォーム無料診断を行いました。

先日、お客様から

「外壁が色褪せしてあまり綺麗でないので何とかなりませんか」

とご連絡を頂き、早速外壁の無料診断を行いました。

 

写真で見ても分かるように、外壁に触れると手に白い粉が付着しました。

この現状は、外壁塗装の劣化サイン

初期症状の一つである「チョーキング現象」と呼ばれています。

外壁を雨風、紫外線から守っている塗膜が劣化することによってこのような現象が起こります。

また、外壁の下部ではクリーム色の外壁に青い苔が広範囲に付着していました。

この場合は日の光も届きにくく湿気も溜まりやすい事から、

苔が繁殖してしまったと考えられます。

外壁にチョーキング現象が見られても、慌てる必要はありません。

チョーキング現象は劣化の初期症状の一つです。

この現象が見られたら、そろそろ塗り直しを検討しておこうと思っておくだけで大丈夫です。

しかし、外壁自体は劣化しているので、時間が経つにつれ徐々に

ひび割れ(クラック)や塗装の剥がれといった症状が出てくるようになります。

ひび割れには、その太さや深さによって早急に直す必要があるかが変わってきます。

細く小さなひび割れであれば、塗料によって塞ぐことも可能です。

しかし、幅0.3mm、深さ4mm以上の構造クラックと呼ばれるものであれば、

ひびが表面だけでなく内部にまで入っている可能性が高い為、基礎からの補修が必要となります。

構造クラックの補修では、専用の工具を使用しU字やV字に周辺をカットし、

エポキシ樹脂などを充填後、モルタル、塗料を塗布して完了となります。

内部の鉄筋にまで雨水が侵入する可能性もありますので、

構造クラックを発見したら早めに補修をしておきましょう。

また、外壁に付着した苔は軽度のものであれば家庭用のコケ洗浄剤でも十分綺麗になります。

しかし、こびり付いた重度の苔になってしまうと、家庭用では落とし切れない為、

業者に相談し高圧洗浄などでしっかりと洗浄してもらいましょう。

外壁の劣化はひび割れやチョーキング現象、色褪せ等、専門の知識が無くても判別できることが多いです。

劣化サインにいち早く気付き、適切な補修をして長く綺麗な外壁を維持していきましょう。

 

プロ野球が開幕されました。

今年も広島カープが夢の4連覇果たせるでしょうか。

楽しみで、胸がワクワクしますね。

球場でまたはテレビで家族みんなで熱い応援をお願いします。