広島県広島市安佐北区で欠けた箇所が目立つ外壁の塗装リフォーム無料診断を行いました。

写真から分かるように、白い外壁の下部が欠け、下地が露わになっています。

また、外壁に触れると白い粉が付く「チョーキング現象」も見られました。

外壁は低い場所ほど、地面に近く雨水の跳ね返り等を受けやすいので

傷みや劣化が生じやすくなっています。今回も劣化症状の多くは、低い場所の端に見られました。

 

こちらのお住まいの外壁はモルタル外壁と言い、

砂・セメントを水で練って混ぜたモルタルで施工されています。

原料のセメントは頑丈なイメージがありますが防水性が低く、雨水は大敵です。

このお住まいのようなモルタル外壁の場合、

モルタルの上から塗装をすることで防水効果を発揮しています。

 

外壁の塗装の耐用年数は、一般的には約10年と言われていますが、

例えば日光や紫外線、また雨水を受けやすい場所は劣化が早く

場所によっては約5年ほどで劣化が見られ始めます。

今回も経年劣化によって塗装が剥がれ、下地のモルタルが露出し

下地が雨水を含んでいったことで脆く、欠けてしまったようでした。

 

もしこの状態で放置してしまうと塗装の剥がれる範囲が広がり、

防水性が無くなる事で下地が雨水を含み、更に脆くなります。

ひび割れや欠けが見られたり、酷い場合には外壁が剥がれ落ちる恐れもあります。

 

今回は下地の欠けも見られたので、下地の補修と塗装工事が必要となります。

まず、高圧洗浄をして古い塗膜や表面に付着した塵や埃を除去します。

次に、欠けが見られた下地を補修し

仕上げに下塗り・中塗り・上塗りと3回の塗装を施す事で

お住まいを守る防水性が回復し、外壁も新築時のように綺麗になります。

 

外壁は生活するの中でも目に付きやすい場所にあります。

特に今回のような位置の低い場所や、日陰になるような場所は

劣化の進行が早いので、定期的に見ておきましょう。

 

「花冷え」という言葉がぴったりと言ったような天気が続いていますね。

今年は暖冬であったのに、この時期に各地で雪が見られるとは驚きました!

本格的な春までもう少しですね。

体調も崩れやすい天気なので、くれぐれもご自愛くださいね。