広島県東広島市で漆喰が剥がれている瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。 先日、お客様から 「屋根から白いものが落ちてきた。恐らく漆喰だと思うので一度見て欲しい」 とのご依頼を頂き、早速瓦屋根の無料診断を行いました。   写真からも分かるように、漆喰が剥がれている箇所を数か所確認できました。 白い漆喰が剥がれ、内部の赤土がこちらからでも見えています。 また、多くの瓦の表面が欠けていました。カビ等の汚れも広範囲に付着しています。 漆喰は、屋根内部に雨水が侵入することを防いでいます。 しかし、写真のように漆喰が剥がれてしまうと、 内部への雨漏れに繋がり、天井に雨シミを描いてしまうといった被害が出る可能性があります。 雨漏りをしてしまうと工事する箇所も屋根の修理のみから、 天井クロス等内部の修繕も必要となり、工事費用も大きくなり家計に負担をかけてしまいます。   また、漆喰は瓦と瓦を繋げる接着剤の役目もあるので 漆喰が剥がれてしまうと瓦がズレてしまう事も考えられますよね。 瓦がずれると瓦同士の衝突により瓦自体が欠けてしまう、 落下してケガや事故に繋がる恐れがある等、様々な被害に繋がります。 漆喰は定期的なメンテナンスしないと、 劣化はどんどん進み被害箇所も更に増えしまうのです。   そこで今回は瓦屋根の補修工事をしていきました。 既存の漆喰を綺麗に撤去し、表面を霧吹きなどで湿らせて新しい漆喰を塗っていきます。 漆喰塗りにおいて、表面に塗る量は重要です。少なすぎると新しい漆喰がすぐ剥がれてしまい、 多すぎると雨風が当たりやすくなり短期間で剥がれる原因となります。 当社では、漆喰を2度塗ることにより強度を高め、より長持ちするように施工しています。 漆喰塗りは職人の技術と経験が必要不可欠です。実力のある職人に施工してもらいましょう。   新元号が発表され、2日経ちましたね!さまざまな企業が「令和グッズ」を 販売してとても賑わっているので、景気回復の一歩になればいいなと思いました。 今週は先週と変わり寒い日が多いですが、体調管理にはくれぐれもお気を付けください。