広島県広島市佐伯区でに雑草の生えた瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。

先日お客様から

「屋根から草が生えているので一度見てほしい」

とのご依頼を頂き、早速瓦屋根の無料診断を行いました。

早速現地へ行くと、棟部分に雑草が生えていることが確認できました。

棟部分に草木が生えているということは、隙間から水分が浸入している可能性があります。

漆喰が無くなり、内部の葺き土が痩せてしまうと棟自体が曲がる可能性があります。

また、瓦の間から草木が生えていた為、のし瓦がずれている箇所もありました。

棟の歪みやのし瓦のずれによって起こる被害は、内部への雨漏れです。

屋根内部へ雨水が浸入してしまうと、

屋根裏に湿気が広がり建物の躯体の木材が腐食してしまう、

天井のクロスに茶色の雨シミが広がってしまう等の被害に繋がってしまいます。

 

今回の様に、草木の繁殖やのし瓦のズレが見られた場合、

既存の棟と赤土を一度綺麗に撤去し漆喰を積み、

のし瓦を重ね、最後にがんぶり瓦を積んでいく棟の積み替え工事を行います。

下地から積み直しますので、

防水紙(ルーフィング)等が傷んでいる、水分を含んでいる場合でも交換を行えば、

雨漏りする心配はなくなります。梅雨の時期まであと2ヶ月になりました。

雨が降る前に、屋根のメンテナンスをしておきましょう。

 

長く安心して今のお住まいに住み続けていく為には、

定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

しかし、屋根は高所の為登り慣れていない方が確認するのは難しく、

足を踏み外してしまえば、落下して大怪我をする危険性もあります。

安全に診断を行う為に、専門家に相談し診断をしてもらいましょう。

 

4月に無印良品が、常温でも30分は溶けないアイスを販売するそうです。

これからの季節アイスが恋しくなりますが、

帰宅途中に溶けてしまうとせっかくのアイスの美味しさが半減してしまいますよね。

このアイスは東京銀座で先行販売された後、全国販売するそうです。

販売された時には、本当に溶けないか試してみたいですね!