広島県東広島市で色褪せやひび割れが目立つ外壁の塗装リフォーム無料診断を行いました。

先日、お客様から

「外壁が酷く汚れていて気になっている。一度見に来てほしい。」

とのご相談を頂き、早速外壁の無料診断を行いました。

写真で見ても分かるように、

白い外壁に黒や赤の錆汚れが付着し色褪せています。

また、外壁と外壁の間に縦に真っ直ぐひび割れが発生しています。

外壁は常に紫外線や風雨から私たちを守ってくれているので、

いくら丈夫な素材や塗料を用いていても劣化は避けられません。

外壁のお手入れ方法は室内の清掃とは異なり、

どの手入れ方法がベストなのか分からず、水洗いのみで済ましてしまう方がほとんどです。

今回連絡を頂いたお客様も何度かホースで水洗いしたそうですが、

汚れを綺麗に落とすことが出来ず困っていたそうです。

 

また、外壁のひび割れはクラックとも呼ばれており、その幅や深さによって種類があります。

幅が0.3mm以下の細い髪の毛のようなひび割れは「ヘアークラック」と呼ばれ、

塗膜の劣化や塗装作業の時の乾燥時間の短さが原因で起こります。

ヘアークラック自体はひびの幅も細く深さもないことから、

今すぐお住まいに何か被害が出ることはありません。

注意すべきは、幅が3mm以上で深さもある「構造クラック」です。

構造クラックは幅も大きいことから雨水が侵入しやすく、

発見した時には既に雨水が内部へ浸透している可能性が高いです。

お住まいの内部は鉄筋が使われていることが多く、雨水により鉄部が錆びてしまいます。

錆は鉄部を腐敗させるだけではなく、膨張することによって周りのコンクリートにダメージを与えます。

放置しておくと、ひび割れがさらに広がる可能性がありますので

発見したら早めの補修をしておきましょう。

 

今回のような傷みが見られた場合、外壁の塗装工事を行います。

外壁の塗装工事では塗装前に汚れを高圧洗浄機で綺麗に洗い流していき、

ひび割れ等はモルタルやシーリング材を用いて補修をします。

下地の表面を平らに整えた後、外壁塗料の下塗り材を塗布し、

メインとなる塗料を中塗り・上塗りと重ね塗りします。

塗装する事によって美観が新築時の様に綺麗になるだけではなく、

塗料の持つ防水性等の効果も回復します。

 

外壁はお住まいの大切な一部です。

屋根とは異なり目の届く位置にありますので、

お出かけの際にでも定期的に確認するようにしましょう。

 

ここ最近、強い突風が吹くことも多く、

せっかく咲いた桜が散ってしまうのではないかと心配していました。

しかし、広島県でも桜が満開となっています地域もありますので

まだまだお花見は楽しめそうですね!

平成も残り1か月切っていますが、

体調も整えつつひとつでも多く思い出を増やしたいですね。