広島県広島市安佐南区で色褪せた屋根の塗装リフォーム工事をしました。

工事情報

工事名:屋根塗装工事

使用材料:パワーシーラ―、ナノシリコン他

築年数:20年前後

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

屋根の塗膜が劣化し塗装の剥がれなどが見られた為、屋根の塗装工事を行いました。

屋根はお住まいを紫外線や風雨から守る役目を果たしています。

日頃から屋根は外部環境(雨や風、紫外線等)の影響を直接受けていますが、

普段頻繁に目にする箇所ではないため、劣化の進行に気づきにくい場所です。

また、傷みを放置していると雨漏りが進み、家の内部を腐食させ、

お住まい全体の耐久性を下げてしまう恐れがあります。

屋根の塗装工事はそのような被害を未然に防ぐために必要です。

苔や藻の発生、屋根材の色褪せなどの初期症状が見られた場合はまず専門家に見てもらいましょう。

 

工事開始です。

作業前に足場の材料を運び入れて足場を組み、塗料の飛散を防止する保護シートを設置します。

写真に写っている青いシートが保護シートです。

足場の設置が完了したら高圧洗浄機で塗装前に屋根を綺麗にしておきます。

洗浄しながら屋根の劣化や傷み具合など詳細な状況をしっかり確認しておきます。

塗装作業前に屋根廻りの塗料が付着してはいけないところを

テープやシートで覆って保護しておきます。この保護する工程を「養生」と呼びます。

養生が終わりましたら塗装工程に入ります。

まずは下塗り強化材「パワーシーラー」で下塗りを行います。

次に塗る塗料と屋根面がしっかり密着するよう

屋根の材質に合わせた塗料を塗布していきます。

シーラーは基本的には上塗り塗料の吸い込みを防ぐ目的としているので

この時点では色はほとんど付きません。

塗料が完全に乾いたら中塗り・上塗り作業です。

今回は汚れにくく、高耐熱性に優れている塗料「ナノシリコン」を使用しました。

この工程では同じ塗料を重ね塗りしていきます。

仕上げ塗料を2回に分けて塗ることで、

雨や紫外線に強い耐久性の高い屋根になります。

ローラーで色ムラが出ないようにしっかりと塗装をしておきます。

塗装後は縁切りと呼ばれる作業を行います。

写真のような薄くて平らなストレート屋根は

屋根材同士が塗料でくっつくと通気性が悪くなり、雨水の侵入などの原因になるので

塗装後は隙間につまった塗料を専用のカッターで切り取らなければなりません。

屋根材一つ一つを切る細かい作業なので時間をかけて丁寧に行います。

塗料が完全に乾燥したら工事完了です。

 

屋根リフォームは外壁と同時にするのがお得です。

屋根も外壁も塗装工事の際は足場を設置します。

足場の費用は15万~20万円と高額な為、屋根と外壁の工事を別々に行うよりも、

一緒のタイミングで工事を行うことで費用を大きく抑えることができます。

また、屋根と壁の両方を綺麗にすることでお住まいの外観が一気に美しくなります。

定期的にお住まいをメンテナンスすることは重要ですが、

その分費用はかかります。

長期的に見てどんな風に工事を行えばお得になるか知っておくといいですね。

 

1913年から白熱電球を生産していたメトロ電気工業が

生産を今夏で終了することを発表しました。

時代の流れとはいえ、あの温かな光が見られなくなるなんて

なんだか寂しくなりますね。