広島県広島市南区で苔が生えている屋根葺き替えリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事名:屋根葺き替え工事

築年数:40年前後

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

母屋の屋根全体にカビや瓦のひび割れなどが見られた為、屋根葺き替え工事を行いました。

藻やカビは屋根の北側など陽当たりが悪い場所に生えてきます。

また、屋根の形状によっては日光が当たる場所でも水はけが悪いと

カビが生えることもあります。

屋根は見えにくい分、傷んでいても気づくことはできません。

専門家による定期的なメンテナンスを受けて劣化の症状を早めに発見し対処しましょう。

今回は屋根の葺き替え工事の様子をご紹介しましょう。

 

工事開始です。

作業前に足場を組み、屋根に登って古くなった瓦を一枚ずつ取り外します。

屋根の上での作業は危険なので細心の注意を払います。

瓦屋根は耐久性の高い屋根材ですが、地震や台風、落下物によって

割れたり、欠けてしまうことがあります。

割れや欠けなどを放置しているとそこから雨水がしみ込み、下地を腐らせます。

そのような場合は下地の修理も必要になります。

下地が傷む前に専門家に相談しましょう。

瓦を全て取り外したら下地の傷みや腐食の状況を確認します。

今回は骨組み部分も傷んでいた為、新しい野地板を張り付けます。

この下地材は屋根本体を長持ちさせるために重要な建材であり、

野地板の耐久性能が劣っていると質の良い屋根材を使っていても耐用年数が短くなります。

下地は見えない部位の為、

構造用合板(建物の構造上の強度を高めるために使う合板)でない

ベニヤ板やコンパネを使用されていても確認することはできません。

どのようなものを使うのか事前に確認しておきましょう。

野地板の上に雨水の侵入を防ぐ防水シートを隙間なく張り付けます。

このシートは軽量で施工がしやすく、防水性だけでなく通気性もしっかりしています。

シートにはアスファルトを合成したものや合成繊維を元にしたものなど

様々な種類のものがありますが、平均的な耐用年数は20年程です。

屋根の劣化を防ぐ為には屋根材だけでなく防水シートにもこだわり、耐用年数が長いものを選びましょう。

新しい屋根材を設置していきます。

今回は瓦屋根からトタン屋根に取り換えます。

トタン屋根は他の日本瓦やストレート屋根と比べて非常に軽量で

安価なのが特徴です。

隣り合わせを重ねて貼り付け、隙間ができないようにすることで

水や風の侵入を防ぎます。

屋根材を張り替えたら工事完了となります。

 

屋根の工事には葺き替え、塗装、漆喰補修などがありますが、

工事を行うべき最適なタイミングはいつなのか疑問に思う方も多いです。

一般的に築10年目を迎えたお住まいの屋根は診断が必要になります。

10年程経つと、外観に何も問題が無さそうに見える屋根でも

雨水の侵入によって下地が剥がれていたり、腐食していることがあります。

そのような症状を放置し続けると

お住まい内部に影響を与え、雨漏りなどの被害に繋がります。

瓦のズレやひび割れ、苔の発生などの傷みが無いかどうか

日頃から確認しておきましょう。

 

JAXAが高校生を対象とした

4泊5日の体験学習プログラムの応募を始めたそうです。

期間中は大学院生や研究者と一緒に本格的な研究活動をする機会があるようなので

参加する学生は貴重な体験が出来そうですね。