広島県広島市安佐北区で漆喰が剥がれた瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。

写真から分かるように、瓦屋根の頂部にある白い漆喰が剥がれ

内部にある赤土が剥き出しになっています。

また、谷板金が発生していました。

屋根頂部にある漆喰は、

屋根の内部に雨水が入り込まないよう蓋をする役割や

瓦同士を接着させる役割を果たしています。

漆喰は外壁にも使用されるような頑丈な素材ですが、

水分の吸収・乾燥を繰り返すことから20年前後経過するとひび割れが生じ始めます。

またひび割れが複数入った状態のまま放置する事で、

今回のような剥がれが生じたと考えられます。

 

蓋の役割をする漆喰が剥がれたままですと、

赤土や木材・鉄で出来た構造体にどんどん雨水が入り込み腐敗が進行してしまいます。

また、酷い場合には雨漏りが発生する恐れもあります。

 

今回の様に劣化が初期症状である漆喰の傷みの場合であれば、漆喰の塗り替えで補修します。

まず、既存の漆喰を綺麗に除去し、漆喰が馴染みやすいように霧吹きで赤土を湿らせた後、

ムラなく均一に新しい漆喰を塗り込みます。

漆喰を綺麗に塗り直すことで雨水から屋根を守る機能が回復します。

 

また、屋根の谷板金も見落としがちではありますが要注意ポイントです。

谷板金には主に銅やステンレスが使用されています。

ステンレスはあくまでも「錆びにくい」素材であるため、

主にもらい錆びなどによって発生することがあります。

錆びが進行し、朽ちて穴が空いてしまう等の劣化から雨漏れに繋がる恐れがあります。

谷板金の補修では、錆びや傷みが見られた部分の谷板金を撤去し、

新しい防水紙と谷板金を設置を行います。

 

漆喰も谷板金も、目に付きにくい場所にあります。

その為、目に見える「天井のクロス」に雨染みが出来るまで

雨漏れや屋根の傷みに気付かなかったというケースも少なくありません。

劣化状態が重度である程、工期も長くコストも掛かる補修が必要になるので、

今の屋根を専門家に見てもらい、現状を把握をしておきましょう。

 

今年度が始まって1週間が経ち、学校では入学式が行われる時期ですね。

新しいランドセルを背負った新1年生の姿を見るとまぶしく感じます。

私たちも、新たな気持ちでがんばりましょう!